2017年の振り返り
2017年が終わりました。
年始と上半期に書いた愛馬へのお願いがどうなっているか確認して振り返ろうと思います。

〓キャロットクラブ
☆オレニホレルナヨ(牡馬8歳)準オープン馬
無事でありますように。
>・・・

☆地方:カイカヨソウ(牝馬7歳)地方重賞6勝馬
無事にゴールドアリュールの牡馬を産んでください。
>ゴールドアリュールの仔は流産したそうです。いまネオユニヴァースを受胎していて、来年生まれる予定です。元気な仔を産んで欲しい。
>子供をキャロットクラブで募集してほしい。

☆ピエリーナ(牝馬6歳)1000万条件馬
オルフェーヴルを付けてほしい。産駒はキャロットクラブで募集してほしい。 
>無事引退しました。
>ヘニーヒューズの仔を産む予定です。 
                                
☆シュシュブリーズ(牝馬6歳)1000万条件馬
繁殖馬セールでいい牧場に買ってもらえますように。
>なかなかいい馬主さんに買ってもらったようです。ニコニコ動画でシュシュを見られるのがいいですね。
>いい仔を産んでください。

☆トータルヒート(牝馬6歳)オープン馬
無事に繁殖にあがり、ディープインパクトを付けてほしい。
>無事引退しました。何をつけたのかな?
>ディープインパクトの仔を産む予定です。楽しみすぎる!

☆エクストラペトル(牝馬5歳)500万条件馬
500万条件を優勝し、繁殖にあがる。
>500万下(地方交流)優勝!あと一つ勝てば、キャロット募集は堅いかな。
>無事引退しました。

☆メイアルーア(牡馬5歳)
脚部不安を克服し、500万条件優勝。
>まだ北海道にいます。体調は平行線。
>残念ながら復帰できませんでした。

☆アールブリュット(牝馬5歳)
脚部不安を克服し、準オープンを優勝。
>復帰しました。無事に引退まで走って欲しいです。
>無事引退。繁殖に上がります。

マイティーゴールド(牡馬4歳)
喉鳴りを克服し、オープン馬になる。
>再手術を行いました。オープン馬への道のりは険しい。
>2018年1月に出走しますが、ここで見せ場がないと厳しいかなと思います。

メートルダール(牡馬4歳)
重賞優勝。
>重賞3着・・・
>重賞制覇。来年は香港GⅠに出走してほしい。

シャンドランジュ(牝馬4歳)
園田で3勝し、中央500万条件優勝。
>残念。引退。
>ロードカナロアの仔を産む予定です。キャロットクラブで募集してほしい。

ジェードグリーン(牡馬3歳)
目指せ菊花賞出走。
>菊は無理かな。まずは、500万下を勝とう!
>500万下を勝てませんでした。さらには、去勢されてしまいました。

☆ゼルビーノ(牡馬3歳)
未勝利脱出。
>無理っぽいなあ(TT)
>残念ながら引退。いまは南関東で走っています。

チャームクォーク(牝馬3歳)
未勝利脱出。
>未勝利優勝!!!
>なかなか順調に行きません・・・

☆キスイン(牝馬3歳)
目指せ1勝。
>どうなるでしょうか?
>未勝利引退。

地方:フィーユドトネール(牝馬3歳)
目指せユングフラウ(S2)優勝。
>思ったほどの能力はないかな・・・
>爪がひどいことに。。。復帰の際は、転厩を希望。

地方:ヴェルティーチェ(牝馬3歳)
早期未勝利脱出。
>これは大失敗(TT)
>意外にキャロットクラブが辛抱強く使ってくれたので、1勝しました。

イルーシヴグレイス(牝馬2歳)
目指せ阪神JF優勝。
>2歳未勝利戦勝ちあがり

フラットレー(牡馬2歳)
目指せ札幌2歳S。
>結果的には、札幌2歳Sに出しておけばよかったなと・・・


★東京サラブレッドクラブ
☆レッドキングダム(セン馬8歳)
無事に過ごす。
>無事にすごしていそうです。

☆レッドグランザ(セン馬8歳)
元気で過ごす。
>元気かな???

レッドシャンクス(セン馬8歳)
無事に競走馬生活を送る。
>大怪我しました。頑張れ!!!
>ダメでした。残念。

レッドレイヴン(牡馬7歳)
ダート重賞優勝。
>ダートを使ってもらえません。。。
>ダメでした。重賞もダートも芝も。でも偉い馬だということを認識した年末でした。

レッドソレイユ(セン馬5歳)
障害未勝利優勝。
>引退

☆は2017年12月時点での引退馬。
[2017/12/31 15:46] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017年つくね厩舎まとめ
2017年もあと少し。

今年は悲願の重賞制覇ができました。

1年目(2010年)は、0勝
2年目(2011年)は、4勝→レッドストラーダで一口馬主初勝利
3年目(2012年)は、11勝→カイカヨソウが東京2歳優駿牝馬優勝
4年目(2013年)は、10勝→レッドレイヴンがダービー出走
5年目(2014年)は、10勝→レッドキングダムが中山大障害優勝
6年目(2015年)は、14勝→世代交代の年でした
7年目(2016年)は、11勝→遠征によく行った年でした(中京・京都・阪神・門別競馬場に遠征し、NF早来&空港にも)
8年目(2017年)は、11勝→メートルダールが中日新聞杯(GⅢ)優勝

上記の勝利数には地方競馬のカイカヨソウとフィーユドトネールとヴェルティーチェを加えています。
中央と地方の勝利数の計算が面倒なので、クラブから勝利写真をいただいたものを集計しています。
今後もそんな感じで。

通算71勝(クラブからもらった勝利写真が71枚)

メートルダールが重賞制覇をしてくれたので、今年は100点でした。
重賞を勝ててほっとしました。
来年は、メートルダールに香港に連れて行ってほしいです。
愛馬を香港に応援に行ったお仲間さんからのLINEを見るとうらやましいです。
いま自分の中では、香港国際競争が一番行きたいレースです。

2017年は引退した馬が多かった1年です。
でも、昨年から方針変更した計画に基づき出資をしているので、布陣は充実してくると思っています。
今年新たに出資した3頭(ラドラーダ16・ピューリティー16・オリジナルスピンⅡ16)には凄く期待しています。
来年のデビューを心待ちにしています。

今年も仕事運はすごく良かったです。
競馬の運をかなり仕事で使っちゃいましたかね。
来年も、仕事と競馬の運の良い年にしたいです。

皆様にも良い運がくることを祈り、2017年を締めたいと思います。
良いお年をお迎えください!!!
[2017/12/31 15:05] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
フラットレーまたまた惨敗
フラットレー20171218

12/28  藤沢和厩舎
28日の中山競馬ではややゆっくりとしたスタートで中団後方より進める。後半勝負に挑みたかったが早々と手応えが怪しくなり始め13着。「途中までの感触は悪くなかったのですが、直線へ向いたタイミングではもう余裕がありませんでした。ひとつ勝ってる馬だけど、まだ緩さもあります。お父さんがハーツクライでまだこれから良くなってくれるでしょうから、今後の成長にも期待したいです。今日はいい走りを見せられず申し訳ありませんでした」(ルメール騎手)「悪くない雰囲気でレースへ送り出せたと思っていたので頑張ってほしいと期待したんですけどね…。クリストフの話だと向こう正面で反応は見せたのですが、それからさらに加速していけようなところがなかったようです。う~ん…。レースを終わったばかりで何が良くなかったと断定することは難しいのですが、足りていなかった部分があったのかもしれません。ただ、まだこれから良くなる馬です。一度仕切り直して、コツコツと頑張り、また良い舞台へ送り出せるようにしていきたいです。ご声援いただいたのに結果で応えられなくて申し訳ありませんでした」(藤沢和師)前走の敗因は明らかで、中間の順調度も今回のほうが良かったですから巻き返しを期待していました。しかし、ペースが上がり出す3コーナーあたりでは手応えが怪しくなり出し、直線でも伸びは見られませんでした。この馬らしさを感じられずに終わってしまい思わず首を傾げてしまう思いですが、完成度という点で言えば先々の馬なはずです。残念な結果であることに変わりはないのですが、この敗戦を糧にして将来立派な競走成績を残してくれる馬になると信じて、じっくりと成長を促していければと思います。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

フラットレーは、ホープフルステークス(GⅠ)に出走し、13着敗退。
惨敗です。
つくね厩舎2度目のGⅠは、1度目に続き二桁着順の大敗。
ショック過ぎて頭が回りません・・・(涙)
いろいろ敗因はあるでしょうが、今は正直わかりません。
馬が弱いことだけはわかりました。
一から出直しです。
[2017/12/31 01:10] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヴェルティーチェがやっと勝った
ヴェルティーチェ20160720②

12/25  大井・荒山厩舎
25日の大井競馬ではまずまずのスタートから先手を奪う形。先頭を維持して直線へ向かうと最後まで粘り切って優勝。「放牧明け3戦目でだいぶ動けるようになっていましたし、今日は完勝と言っていいでしょう。馬体重も安定してきましたから、更に中身からしっかりしてくれば今後も楽しみだと思います。遅くなりましたが、まず1勝目を掴めて良かったです。ありがとうございました」(御神本騎手)「中央からの転入馬で骨っぽい相手はいましたが、自身の競馬ができたのは大きかったですね。時間はかかりましたが、無事に勝利を掴むことができてホッとしています。本質的に完成を迎えるにはまだ時間は必要でしょうが、焦らず取り組んでいくことで良くしていきたいですね。まだまだ良くなる馬だと思いますから、これからも期待して頂ければ嬉しいです。ありがとうございました」(荒山師)長期休養を挟み、時間はかかりましたが、遂に待望の初勝利を掴むことができました。体はもちろん、レース振りも安定してきていますし、経験を重ねながらこの先も良くしていければと思います。今後はレース後の状態次第で検討していきます。

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

うちの問題児ヴェルティーチェがやっと勝ちました。
本当は今日負けて引退だろうなあって思いながらレース動画を見ていたのですが・・・勝っちゃいましたね。
地方馬は100口募集だから、勝てないと辛いのですよ。
今回の勝利は南関東なので、賞金が120万円もあります。助かります。
この賞金で2か月分のカイバ代が凌げます。やれやれ。

ヴェルティーチェには2015年12月に2016年12月の東京2歳優駿牝馬制覇を夢見て出資しましたが、1年遅れの2017年12月にやっと1勝しました。
地方馬だからでしょうか?、中央のキャロット未勝利馬はどんどん引退するのに、一番弱いヴェルティーチェは引退させられずカイバ代だけかさんでいました。
キャロットクラブが引退させない馬なので、馬代金くらい(1口6万円)は稼いでくれるような気がしてきました。
カイバ代を稼ぐには、1000万円くらいの賞金を稼がないといけないからなかなか厳しいですね。

[2017/12/26 00:48] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アールブリュット 無事引退
アールブリュット20171216

12/21  引退
「先週はパドック、返し馬等のレース前の様子を見ていて“もしかしたら”という気持ちを持たせてくれる雰囲気でしたので、スムーズな競馬ができず非常に残念でした。ここであっと言わせるような走りをしてくれるのではないかと思っていただけに申し訳ない気持ちでいっぱいです。レース後の状態を慎重に見てきましたが、脚元、そして目の状態に大きな変化はありませんでした。あとはこのあとをどうするべきかということで相談をしていました。現役期間一杯まで走ってもコンディション的には問題ないのでしょうが、無理をしないでお母さんとしての次の仕事に備えることになりました。ヴィクトリアマイルにチャレンジさせてあげたいと思っていただけにそれが叶わなかったことは悔しい限りですが、アールは長い間本当によく頑張ってくれました。血統的に見ても、弟の頑張りからしてもお母さんとしての価値は高いはずですから、いい仔に恵まれてほしいですね。そして、もし縁があって子供を預からせていただけるようであれば、このうえなく幸せなことだと思っています。ご声援いただきまして誠にありがとうございました」(戸田師)鮮やかな差し切りで初陣を飾り将来への期待が膨らんだアールブリュットでした。とんとん拍子とはいかなかったものの素質の高さを感じさせる走りを披露し、4歳夏に連勝を飾った時には本格化を予感させました。しかし、その後は脚元の疲れや目の炎症が見られ、思うようなパフォーマンスを発揮することがなかなかできずにいました。重賞勝ちを目指して今回ターコイズSへ挑み、理想の結果を出すことはできなかったものの、無事に走り終えてくれたということは何よりも素晴らしいことです。引退期限まであと3ヶ月ありますが、戸田博文調教師と協議を行った結果、早めに次の仕事へ備えることになり、ここで現役続行を断念し競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様には置かれましては何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

アールブリュットが無事引退の運びとなりました。14戦4勝。よく頑張りました。
14戦という疲れを残さない状態で、余裕をもって繁殖入りができそうてす。
いいお母さんになってほしいですね。
アールブリュットにはSS系の種牡馬を付け放題ですから、30戦走ったトータルヒート以上に期待しています。
やっぱりディープインパクトを付けてほしいなあ。夢いっぱいです。
ディープ牝馬を産んで、その仔で桜花賞を勝ちたい!
[2017/12/22 01:19] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
母馬優先 追記
つくね厩舎の母馬優先を再度ちゃんと調べてみました。
やはり自分の記憶はあてになりません・・・

2018年に生まれる産駒:
①カイカヨソウ(父ティンバーカントリー)は、ネオユニヴァース 2018年1月予定
②トータルヒート(父ストリートクライ)は、ディープインパクト 2018年4月予定
③ピエリーナ(父チチカステナンゴ)は、ヘニーヒューズ 2018年1月予定
④シャンドランジュ(父マンハッタンカフェ)は、ロードカナロア 2018年4月予定

ピエリーナは2016年に引退していました。今年引退したと勘違いしていた。
ヘニーヒューズはいいね!
シャンドランジュは売却されていない感じ。大丈夫だろうか?
ロードカナロアならば、キャロット募集を期待します!!!

4頭の産駒が2019年に募集されてほしい。
妄想では、4頭一口買って60万かな・・・

この4頭に加え、エクストラペトルとアールブリュット産駒が加わる2020年募集は楽しみいっぱい!
[2017/12/19 00:45] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つくね厩舎2歳馬(2016年募集馬)3頭勝ち上がり
イルーシヴグレイス 2歳未勝利 優勝

イルーシヴグレース 20171217

12/17  堀厩舎
17日の中京競馬ではまずまずのスタートから好位でレースを進める。直線ではしっかりと脚を使い、ゴール前で抜け出して見事に優勝。「多少カリカリはしていましたが、抑えは利いていましたし、変な癖もなくて乗りやすい馬ですね。早めに動いていく形になったのですが、先頭に立ってからもフワフワしていたくらいでまだ余裕がありましたよ。小さな馬で今日も体を減らしていましたし、なかなか使い込んでいくのは難しいでしょうから、ここで勝つことができて良かったです。今日はありがとうございました」(藤岡康騎手)馬体を減らしてパドックでもチャカチャカしていましたが、レースでは引っ掛かったりするようなこともなくスムーズに運ぶことができていました。抜け出す時の脚も速く、最後まで余裕のある勝ち方だったと思いますし、昇級しても能力は十分通用するのではないでしょうか。レース後の状態をしっかりと確認し、いったん放牧を挟むのか、このまま続戦させるのかを検討していきます。


アングレーム 2歳新馬優勝
アングレーム20171217


12/17  矢野厩舎
17日の中山競馬ではまずまずのスタートを切り、無理なく2番手の位置につける。楽な手応えで直線へ向くと逃げ馬を捕らえ、後続の追い上げをもろともせず優勝。「おめでとうございました。急遽依頼をいただいた馬で、なかなか乗るチャンスのない勝負服の馬ですからとても楽しみにしていたんです。レースへ行ってみるとセンスが良い。スタートをすんなり決め、力みすぎることもなかったです。逃げた馬が飛ばしてくれたのも大きかったですね。その馬を見ながら冷静さを保った形でレースを進められました。自分が乗ってきた馬たちは勝負どころから減速しがちでそこを一生懸命に動かしていく必要のある馬が多いんだけど(苦笑)、この馬は加速していきました。乗りながら嬉しくなってましたよ(笑)。落ち着いていたので極端な力みなく走れ、アンバランスさも感じなかったです。減量騎手を起用しようとしていたくらい華奢な馬なので、使いながらパワーアップしてきたらなおいいですね。ありがとうございました。また機会がありましたら是非よろしくお願いします」(江田照騎手)「ありがとうございました。仕切り直したことがあって今回2回目のトライでしたからまずは無事にレースへ送り出せたことが何より良かったと思っていました。直前で育也が乗れなくなってしまったこともあり申し訳ない気持ちでしたが、そういったことは一切関係なく良い走りを見せてくれましたね。今日は競馬場について装鞍をした時も落ち着いていたんです。初めてだからということもあったのでしょうが、時々カッカしがちなところがある馬なので冷静さを保ちながらレースへ向かえたことも良かったと思います。小柄で減量の利点があったほうがいいということは間違いありませんが、これから成長してくれそうな部分も見て取れますので、大事にしながら立派な競走馬にしていければと思っています。今後についてはレース後の状態をよく見てから相談させてください。会員の皆様、デビュー勝ちおめでとうございます」(矢野師)前向きさが長所の本馬でその点を最大限に活かすことができればと思っていました。スタートが切られるとスッと2番手のポジションをキープし、強い風が吹くなかでも動ずることはありませんでした。センスの良さも見せてくれ、危なげないレースぶりで勝利を手にしてくれました。今回は大抽選会となったなかでのデビューであり、レースレベルがどこまでだったのかは何とも言えませんが、このセンスの良さを今後武器にして高みを目指していってもらえればと思います。華奢な体つき、そして過去に見せた体質面の弱さのことをよく考えつつ、このあと続戦するのか間を挟んでから次走を考えていくのか検討していこうと考えています。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

つくね厩舎2016年募集馬3頭が勝ち上がりました。
3頭出資した年は全馬勝ち上がっていますから、やはりうちは3頭出資が合っているようです(笑)
今日、募集価格6000万円のイルーシヴグレイスが2歳未勝利を勝ちあがり、募集価格1400万円のアングレームが2歳新馬を勝ちあがりました。
イルーシヴは中京、アングレームは中山と競馬場は違いますが、2頭とも芝1600メートル戦。
両馬ともいいタイムで勝ちましたから、500万下でも勝てる力は持っています。
もう1勝して、桜花賞トライアルに駒を進めたいです。

昨日今日と仕事だったのですが、2頭の勝利は昼休憩中にスマホで確認しました。
今日の午後の仕事は本当に心が軽かったです。

12月の最後には、一番最初に勝ち上がったフラットレーのホープフルステークス(GⅠ)があります。
いい正月を迎えるためにも、フラットレーには頑張って欲しいです。

フラットレー、イルーシヴグレイス、アングレームの3頭には、2018年も楽しませて欲しいです。
[2017/12/17 23:20] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>