まだまだ
フィーユドトネール20170316

3/16  船橋・川島厩舎
16日の船橋競馬では五分のスタートから前々でレースを進める。勝負どころからはスピードの違いで他馬を突き放すと直線も危なげない走りで優勝。「内から果敢に来られた影響で厳しい展開になりましたが、最後はスピードが違いましたね。今日はテンに行かせ過ぎてしまったので、次はもう少し上手く乗りたいと思います。12月に騎乗した時よりも良くなっていましたし、今回はとにかく結果を出せて良かったです。少し時計がかかっている中でこの走りでしたから、さらにクラスが上がっても楽しみだと思います。ありがとうございました」(森騎手)「リフレッシュした効果がしっかり確認できたレースでしたね。今日はとにかく今回は結果を出すことができて良かったです。本当にありがとうございました。見た目にも冬毛も抜けてきましたし、休み明けで中身が本物でない中での完勝劇でしたので、次に向けても楽しみが広がりました。ただ、ここまでの感じを見てもレース後が心配な馬ですので、しっかり状態を確認した上で今後については検討していきたいと思います。問題ないようであれば4月の船橋開催を本線に進めていきたいところです」(川島師)立て直しの効果もありましたし、ここは負けられないレースでした。厳しい展開にはなりましたが、力の違いで勝利を掴んでくれました。次は4月の船橋開催での出走を目標にしていますが、可能であれば4月14日の船橋競馬(ジーナフォンテンメモリアル・牝馬限定・ダ1600m)への出走を視野に入れていきたいと考えています。


フィーユドトネールは重い走りでしたが、なんとか勝ちました。ここら辺で負けたくは無かったので、よかったです。次は距離を延ばしていく模様。まだまだ南関東クラッシックへの出走の夢はありそうです。ここから本格化していってほしいです。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト
[2017/03/17 02:40] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<出資検討馬見学 ノーザンファーム早来&空港牧場 | ホーム | 牧場見学予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/836-7030c57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |