コイスルキセキは先の見えない6着
コイスルキセキ20160703

7/3  函館競馬場
3日の函館競馬ではゲートでやや立ち遅れたもののスッと行き脚がつき、好位外めを追走。直線入り口で先頭を窺うもジリジリとした伸びで6着。「ゲートは少し遅れたものの、すぐに行き脚がついていいポジショニングで道中を進めることができましたが、一本調子というか、終始がむしゃらに力んで走っていて、脚が溜まる場面がありませんでした。初めて騎乗させていただいたので比較はできませんが、パンパンの馬場の方が良さそうな感じでそのあたりも最後のひと伸びを欠いた要因の一つなのかもしれませんね…。乗り味自体は良く、センスも感じさせる馬なので、もっと道中をリラックスした状態で運ぶことができれば、上位に来ることは可能だと思います」(北村友騎手)「久々でしたが調教の動きも良かったですし、いきなりから期待していたんです。道中の位置取りなども良かったし、これなら、と思ってみていたのですが、小回りコースで外枠から外を回る展開が響きました。あと一歩のところで優先出走権を逃してしまったのが残念ですが、滞在で競馬できますし、出走状況を見ながら在厩で調整していきたいと思います」(西園師)これまでデビュー戦を除いては渋った馬場で、今日も朝方まで残った雨の影響で重馬場と運が味方しない感もありました。馬自身にも課題は残りますが、差のないところまで来ているように心身が噛み合いさえすれば、久々を叩いた効果もあるでしょうし、前進は十分可能でしょう。

コイスルキセキには、パンパンの良馬場で走らせてあげたかったです。
重馬馬で弾けなった。
何とか5着で優先出走権が欲しかったですが、一番厳しい6着に。

先が見えないなあ。
1200が合うかどうかでもわかれば良かったですが、今日のレースでは判別不能です。
ダートや中距離に適正がありそうな気がするんですけど・・・

もう2歳馬が走るキセツになりましたから、お尻に火がついてきました。
8月中には何とかしたいですね。とにかく・・・

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト
[2016/07/03 20:13] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<レッドレイヴンが久しぶりの優勝 | ホーム | レッドシャンクスは惜しい競馬で8着>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/756-03dacc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |