マイティーゴールドは不安多き出走
マイティーゴールド20160430

6/23  尾関厩舎
22日は美浦坂路で追い切りました(54秒3-38秒8-25秒7-13秒1)。23日は軽めの調整を行いました。「先週はジョッキーを背にしてしっかりと1週前追い切りを行いましたから、当該週の追い切りはスタッフで十分かなと考えこちらで調整を行うようにしました。競馬の週は坂路で整えるようにしたのですが、残り3ハロンくらいのところから口を割って頭を上げるような格好になっていましたね…。以前はそのようなことがなかったのですが、ここ最近はムキになりすぎるところが目立っているんです。先週もそうでしたが、今週は何とかなだめて動かしています。ただ、調教のペースだからこのようになっていて競馬のペースならば問題ないのかなという印象を今のところ抱いています。もちろん、もしかすると呼吸器系の弱さ、苦しさからそのようになっているのかもしれませんので、決めつけず、レースでもよく確認をしていきたいと思っています。東京開催最後の週とあって混み合って除外になる不安もあったのですが、想定を見る限りではギリギリのボーダーライン上でしたね。1600mに登録することもいったんは考えたのですが、前走の内容からできればひとハロン詰めたいという狙いがあったのでここ一本で考えています。あと、前走は舌を縛らずに臨んだのですが、今回はやろうかなと思っています。いったん外したのは、縛ることで却って力んでしまっているのかなと思っていたからだったのですが、ボウマンに“舌を縛ったほうがいいのではないか”というコメントをもらいましたし、先週の追い切りでは舌をフリーにしていたのにムキになっていたので、対応するしないでそう差はないのかなと思い直したからなんです。それでも昨日の追い切りでは縛った状態で走らせて力んでいたので一抹の不安はあるのですけれどね…。最終的には当日の気配で決めますが、いくらかでも息遣いが楽になる可能性があるのならやったほうがいいかなと思っているので、今のところは縛る方向で考えています」(尾関師)26日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1400m)に石川騎手で出走いたします。

6/16  尾関厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(80秒8-65秒9-52秒2-39秒2-13秒1)。「行ければ来週の競馬へ向かいたいと思っていますし、3場にわかれていて、なおかつ宝塚記念の裏の手薄な時にチャンスをものにできるようにしたいと考えています。息遣いのこともあるので少し距離を詰めてみて、今回は1400mで行ってみようと思っていますから、日曜日のその番組を狙い、さらに減量を利かせて石川で向かう計画を立てています。それで、今朝の追い切りに跨ってもらうことにしたんです。ゆったりと行かせて徐々にペースアップしていければという理想を持っていたのですが、序盤からかかるような感じになってしまって、早い段階でラップが速くなっていましたね…。普通ならば終いの1ハロンが遅くなっても不思議ではないなと思っていたのですが、それをまずまずの時計でまとめてくるのですから、やはり力はあるのでしょうね。それにしても、そのかかるという面をこれまでで強く見せることはなかったので、もしかしたら苦しさも増してきているのかもしれませんね…。この後も喉のケアをしっかりと行いながら競馬へ向かっていけるようにしたいと思います」(尾関師)「初めてになりますし、角馬場から乗せてもらってどのような感じの馬かを探るようにしていました。大きい体ですが、動きに重々しさはそこまでなく、調教に行っても気が入っていて、2コーナーくらいからハミを噛んでいくくらいでした。そこでうまくなだめられず前半から少し速くなってしまいましたが、ゴール板まで脚色衰えず走ることができていました。ただ、角馬場からわずかに気になっていたのですが、喉の音がかすかに聞こえていましたし、ゴール板をすぎてから向こう正面までできれば流していきたかったのですが、求めるところが終わるとフーッと一気に脱力していたんですよね。もしかしたら苦しさもあるのかもしれませんが、今日は僕が前半から速いラップで入ってしまったこともありますから、ハッキリとしたことが言えず申し訳ありません。走る馬だと思いますから、レースではうまくリードできるようにしっかりと乗りたいと思います。よろしくお願いいたします」(石川騎手)26日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1400m)に石川騎手で出走を予定しています。

6/9  尾関厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後も様子を見るように天栄で乗り込みを行ってもらっていました。呼吸器にやや繊細さのある馬なので、あまり暑い時期に無理強いはしたくないなという思いもありましたし、できれば本格的に暑くなる前の時期のレースを考えていければと検討していたんです。理想は距離のバリエーションが多い東京開催中の出走だったのでそれが可能かどうかがポイントになったのですが、月曜日に見に行ってきた時の馬のコンディションも悪くなさそうで、検疫も無事に確保できましたので本日入れさせていただきました。移動によって体温が不安定になることもある馬ですから、まずは様子を見るようにじっくりと調整を開始していって、対応可能なようであれば東京最終週を目指していきたいと考えています」(尾関師)


喉に問題のあるマイティーゴールド。
雨なら喉には良かったのですが、明日は晴れて暑くなりそうです。
ダート1400に距離短縮をすることは、斤量に有利な3歳馬なのでいいと思います。
不安しかないですが、ここを負けているようでは、もう出世はないな。
ユニコーンステークスに出てても敵わなかったとは思います。
でも、500万下でうろうろして欲しくはないです。

がんばれ!

自分は、ぎっくり背中になって動けません。
ずっと背中が痛かったのですが、ぎっくり腰ならぬぎっくり背中とは・・・
歳を感じるとともに、老後はこんな感じで動けないのかと思うと、嫌ですね(苦笑)
愛馬も自分も健康に問題あり(笑)


※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト
[2016/06/25 23:23] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ヴェルティーチェはハ行で出走回避 | ホーム | フィーユドトネールが骨折>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/752-81666d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |