フィーユドトネールが骨折
フィーユドトネール20160624

6/24  NF空港
レース後の状態をチェックした結果、右前トウ側手根骨を骨折していることが判明しました。「レース後の様子を見ていたところ、脚元に張りが出ていましたので、念のためレントゲン検査を実施しました。その結果、残念ながら骨片が剥離しているのが確認できました。何とか次走で勝利を手にしたいと考えていただけに非常に申し訳ない限りです。すぐに社台ホースクリニックに手術の依頼をかけていますので、タイミングを見て骨片を摘出するオペとなる予定です。今後については術後の様子を見た上で検討していくことになりますが、まだ南関東へ移籍するために必要な50万円のボーダーはクリアしていませんので、何とかホッカイドウ競馬開催中の復帰を目指していければと思います」(空港担当者)

フィーユドトネールは新馬戦で激しいレースをしたためか、レース中なのか、骨折してしまいました。
こうなるから地方馬の新馬戦は大事なのです。
いまのままでは南関東に移籍できないですが、焦って戻しても仕方ない。
しっかりと骨折を治して、園田か名古屋など南関東以外で走ることも考えておきたいです。
南関東牝馬3冠レースにはまだまだ時間はあります。
能力はあると思いますので、ゆっくりじっくりといくのもありかもしれません。

※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト
[2016/06/24 20:52] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<マイティーゴールドは不安多き出走 | ホーム | フィーユドトネールは悔しい2着>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/751-b8a442a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |