第21期将棋倶楽部24名人戦
第21期将棋倶楽部24名人戦の予選が終わりました。

なんとか予選は通過しました。

将棋倶楽部24名人戦に参加して10年ちょっと経ちます。
この10年間は、毎年タイトルを獲得しています。
三段クラスでのタイトルです。

昔は、成績上位者によるタイトル戦がありました。
しかし、途中から本線上位者がタイトルを獲得するようになりました。
最初は甘いと思いましたが、今はありがたい。

もう集中して読む体力がない(笑)
長年培った経験による感覚で将棋を指しています。
読み込むことができない。
でも、昔と差し手は弱くなっていない。
感覚が間違っていないのです。

競馬も将棋も、一度集中して読む時期を経て、いろいろわかることがあるのでしょう。
ただ、いつまでも読むことに頼ることはできません。
体で覚えるしかありません。
気が付くと、手が詰み筋に駒を動かしているというところまで行かないと。
詰むかどうかを読み切れない歳になりましたが、詰ますことができるのです。
感覚が読みを上回る歳になってしまいました。

岡目八目と言いますが、客観的に盤面を見ていることが良いのだと思います。
スポンサーサイト
[2016/02/01 22:24] | 将棋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<小倉競馬場に移動 | ホーム | 1月の結果と2月の予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/669-4e73e237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |