錦織圭を観て
いよいよ錦織圭選手がテニスの全米オープンの決勝戦。
負けられない戦いですね。

錦織選手の活躍で感じたことは、指導者の大切さ。
才能ある選手の能力を発揮させるコーチの力。

競馬では、調教師がこのコーチの役割でしょう。
ゴール前の苦しい状況で優劣が出るのは、ここの差なんだろうなと。

「馬なり」調教の先生には是非錦織選手の試合を観て欲しいな。

キャロットドラフトの馬を見ていて、何故この2頭をこの先生に預けるのだろうって考えちゃいました。
札幌2歳Sの一番人気馬の馬主さんは後悔していないのだろうか。

ある程度までは行くんですよね。
ただ、超一流になれるかとなれば、厳しいと言わざるを得ない。
なににかが足りないのか、やり方が間違っているのか。

錦織選手はいい指導者に出会えたということかな。
ここまできたなら、優勝して欲しい。
スポンサーサイト
[2014/09/08 23:58] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<作戦変更 | ホーム | HERO 2014⑨>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/305-1abbd67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |