大往生
お盆前、広島に帰った次の日に祖母(母の母)が亡くなりました。
ちょうど100歳。老衰です。
大往生でした。
(今年は嫁さんの祖母も89歳で亡くなりました)

祖母と談笑した記憶なし。
いつも寡黙で、みんなのご飯を作っていた。
母曰く「我慢強い人」

何年か前に肺炎で入院しました。
祖母は苦しいはずなのに、一切弱音を吐かずに入院していたそうです。
お医者さんが驚くほど。

楽しい人生だったのかな?
こればかりは、個人の価値感ですから、なんとも…
遊びらしい遊びはしてないんじゃないかと。

総理大臣から、100歳のお祝い状と記念の銀杯を頂きました。
この銀杯は祖母が生きた証です。

「おもしろきことのなき世をおもしろく」とは高杉晋作の言葉。
人生を考えさせられたお盆でした。
自分の母方は長生きの家系だけど、自分はじいちゃんみたいにボケるんだろうな。
一口馬主なんてやってていいのかな(苦笑)
老人ホームに入るお金を貯めたほうが、子供の為かな。
弱っちいからな〜〜〜〜〜〜
スポンサーサイト
[2014/08/19 00:28] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<天災 | ホーム | HERO 2014⑥>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tsukunekyuusha.blog.fc2.com/tb.php/287-c1ce5416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |