競馬日記 2017年2月第4週

中山競馬場のB指定席から見た中山記念のスタート前。

2017年中山記念



最近は仕事が忙しくてブログを書く気がおきません(苦)
でも競馬は一口馬主だけではないということを再認識したこのごろなので、週末くらいは今週の競馬を振り返ろうと思います。

昨年と同様に今年も指定席から中山記念を観戦しました。応援していたネオリアリズムが勝ってくれて良かったです。本当に強くなりましたね。

今週の土曜日は家のことをしていて競馬とは全く無縁な一日でした。あ、中山記念を勝ったネオリアリズムに新馬戦で勝っているのに障害未勝利を走っているうちのディープインパクト産駒が一頭いました。レッドソレイユですが、全然駄目でしたね・・・
日曜日の今日は、朝一から中山競馬場に行きました。一日中中山競馬場にいるという2月の忙しさを乗り切ったご褒美です。
馬券はなんと±0(笑)これが一番です。賭けないのが本当は良いですが、負けなければなんでもいいんです(笑)
このごろは愛馬が出走する時だけ競馬場に行き、愛馬の競馬が終わるとすぐに帰っていました。これはこれでいいのですが、愛馬がそうそう走ってくれませんからね。3月は2頭走ればいいかなって感じで、なかなかしんどいです。仕事のストレスを解消するためにも、うまく競馬を利用していきたいです。

今日は競馬場を満喫しました。次は、北海道のノーザンファームに行きたくなってきました。フラットレーとイルーシヴグレースのつくね厩舎期待の2歳馬2頭に会いたいです。3月に牧場見学に行こうかなって考えています。今年は2頭しか出資していないです。これは自分の一口馬主として成長を感じます。ただ、あと2頭くらいは出資したいかなって感じです。

今週の出来事の中で、藤田菜々子騎手がノルマンディーOCの馬で勝った事が気になりました。自分も藤田菜々子騎手と口取りしたいです(笑)藤田菜々子騎手はうちの長女と同い年です。子供みたいなものです。ただ、藤田菜々子騎手はノーザン系のクラブ馬には乗せてもらえないので、口取りの機会はないでしょう。G1勝利を目指すならばキャロットクラブは最適だと思います。でもG1勝利を目指すだけではなんだか面白くないかもって考えてしまいます。藤田菜々子騎手を乗せるノルマンディーOCはある意味いいクラブだと思いました。ノルマンディーOCが藤田菜々子騎手を育てることもできますから。ぜひノルマンディーOCに入会したいなあって考えています。だれかノルマンディーOCに入会されている方はいらっしゃいませんか???紹介キャンペーンで入会すれば入会金がいらないですから・・・

スポンサーサイト

トータルヒート 引退

トータルヒート20131215

トータルヒート 30戦5勝(5-6-2-1-5-11) 獲得賞金9,235万円

2/22  引退
「先週の京都牝馬Sは、結果的に外差しの馬場で、枠順が違えばもっとやれただろうと思うんです。このところは差しが板についていい競馬ができていましたし、引退時期までのあとわずかな期間でも厩舎で過ごさせたいという気持ちは大きかったのですが、前回の勝利から1年以上経過したことで、ベストの条件に出走させられるかどうかも確実ではない状況です。引退時期までにもう一回新潟の直線1000m戦を走らせたかったなあ…などと考えてしまいますが、血を繋ぐという大切な仕事も控えていますし、ここで”お疲れ様”と言ってあげることになりました。もっと活躍させなくてはいけない馬でしたし、後悔も大きいのですが、会員の皆様には温かく見守っていただいて感謝しています。ここまでたくさん応援していただいてありがとうございました」(平田師)500万下をなかなか勝ち切れなかった時期もあったのに、芝に矛先を変えて一歩ずつ階段を上るようにオープンまで登り詰めたのは見事でした。こつこつ走り続けて30戦、堅実さもありながら、時にはアッと言わせるようなレースぶりで私たちを驚かせてくれたトータルヒート。一戦一戦忘れられないレースばかりです。引退時期まではもう少し時間がありますが、平田修調教師と協議の結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


2月18日の京都牝馬特別(G3)で13着だったトータルヒートの引退が発表されました。無事に引退できて良かったです。30戦は走り過ぎでした。母馬優先を考えて出資したトータルヒートでしたから、仔馬に疲れが伝わらないようにと考えていました。20戦までが理想でしたが、30戦した今は故障が無く無理使いはされていませんが疲れは残っているでしょう。生まれてくる仔に疲れが伝わらないように十分休ませてから繁殖に入ってほしいです。
トータルヒートは常に自分の時計で走る偉い馬でした。まさかオープン馬になるとは思っていませんでした。うれしい誤算でした。
トータルヒートにはディープインパクトをつけてほしいです。アメリカンなパワー馬のトータルヒートにディープインパクトのスピードを補完することで、強いスプリンターかマイラーな子供が生まれてほしいです。ディープインパクト以外であれば、ジャスタウェイが希望です。嵌ればいいマイラーが生まれそうです。
トータルヒートは惜しくも獲得賞金は1億円に達しませんでした。つくね厩舎の代表馬規定は獲得賞金1億円以上。トータルヒートを代表馬に載せることはできません。でも、お母さんになったときに、つくね厩舎の代表母馬になってほしいです。母馬欄は作る予定です。
つくね厩舎2011年キャロットクラブ出資牝馬は、ピエリーナ・トータルヒート・シュシュブリーズの3頭。3頭ともお母さんになれそうでうれしいです。シュシュブリーズは売られたので母馬優先は行使できませんが、ピエリーナとトータルヒートの2頭の仔はこれから楽しみですね。
最後に京都牝馬特別(G3)を走って引退をするトータルヒートの関係者には感謝です。いい花道を選んでもらえたと思います。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

メートルダール アメジストS(1600万下)優勝

メートルダール20170219②


2/19  戸田厩舎
19日の東京競馬では中団のインでなだめながら追走。そのまま直線へ向くと内からポジションを上げて逃げ馬の外を通って伸ばし、2着馬が並びかけてくると突き放し優勝。「ありがとうございました。嬉しい。先生からは自信を持って乗ってほしいと言われていましたし、慌てずに構えて乗りました。この流れのなかで元気のいいところもありましたけれどうまくなだめられましたし、脚も溜まっていましたね。直線では内に進路を取って追い出すとしっかりと伸びてくれました。2着馬が外から来てまたひとつ伸びてくれましたし、良い馬です。これからも頑張ってくれると思いますよ」(M.デムーロ騎手)「放牧を挟んで心身ともに良くなったという手応えを感じていましたし、ここは決めてほしいと気持ちを込めて送り出しました。ミルコはテン乗りでしたし、不安に思うところもあったでしょうけれど、自信を持って臨んでくれたらと思って託したんです。力がついて来ているから行きっぷりも結構良かったですが、上手くコントロールしながら進めてくれましたね。直線でも力
強く伸びてくれました。これでオープンです。夏にはクラス再編成がありますから使うタイミングもポイントにはなりますが、持ち味を活かすことができるよう使うコースのこともよく考えたいですね。できれば今回のような条件がいいでしょうから、レース後の様子を見て再度放牧に出すかもしれません」(戸田師)前走後は短期間でしたけれど休養にあてたところまたひとつ成長を見せてくれ、ここは楽しみにしていた一戦でした。前回もそうでしたけれど結構行きっぷりが良くてなだめる必要がありましたが、ジョッキーも自信を持って臨んでくれました。2着馬は以前負かしている相手とはいえ強敵でもありましたし、直線並びかけられた時はヒヤッとしましたが、そこからまた突き放すという強い走りを見せてくれました。進路の取り方も大きかったと思いますが、力で跳ね返してくれましたね。これで晴れてオープン入りです。今後は再び放牧に出して春の後半戦か夏あたりを目指していく公算が高いですが、さらなる成長を見せてほしいと期待しています。


メートルダールが準オープンのハンデ戦を制してオープン馬になりました。キャロットクラブでのつくね厩舎古馬オープン馬はトータルヒートに続く2頭目です。メートルダールは明け4歳ですから、今後に期待が持てます。つくね厩舎初のJRA重賞馬になってほしいです。戸田先生のコメントからすると放牧を挟んで、新潟大賞典→エプソムカップというローテになりそうです。しかし、ミルコ・デムーロ騎手は巧いです。メートルダールがこんなに強いレースをしたのは初めて見ました。今後もデムーロ騎手に乗り続けてもらいたいです。G1まではどうかと思いますが、G2・G3ならデムーロ騎手騎乗ならなんとかなるような気がします。

つくね厩舎の3歳馬たちは、近年になく駄目駄目揃いなので、今年は4歳のメートルダールとマイティーゴールドに期待です。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

いや~忙しい(><)

忙しすぎます(><)
仕事が忙しすぎます・・・
50なのに30代の仕事量×重要度=体力が持たない(涙)

一口馬主は出走が無いので、生活の中での優先順位がかなり下になってしまいました。
少しでも時間があると体を休めないと。寝る時間を惜しんで仕事して、休みの日も平日と変らない仕事量。
仕事し過ぎで痩せたのも人生で初めてかな(笑)

一口馬主の最近の出来事は

・シュシュブリーズが繁殖牝馬セールで850万円で落札されました。

ニコニコ動画のリアルダビスタ企画の繁殖牝馬として買われたので一躍有名になってしまいました。
いい馬主さんに買われたようで、年始のお願いがエクストラペトルの優勝に続いて叶いました。
しばらくは、シュシュのことを見ることができるので、楽しみです。

・馬名決定

イルーシヴウェーヴ15は、イルーシヴグレイスになりました。
イルーシヴという言葉の響きが好きだったので、良かったです。

リッチダンサー15は、フラットレー。人名だそうですが、誰なのか???
マイケル・フラットレーというダンサーから名付けられたのでしょうかね。
人名はピエリーナで経験済みです。フラットレーですか。早く慣れよう(笑)

・2歳馬動画更新

イルーシヴグレイスは、18-18-17ですから基礎体力つくりの段階なのでしょうね。
デビューは遅いかもしれないですが、堀厩舎なのでデビューまで焦らず待ちたいと思います。
デビューできれば結果は出してくれるでしょうから。

フラットレーは、16-16-15と結構早い組にいる感じ。
いつの動画を見ても先頭で走っています。これは良いんじゃないでしょうか?
気性難の恐れもありますが、後ろをトロトロ走るより全然良いです。
札幌デビューはいけそうな気がします。

エクストラペトル アメジストスター賞(地方交流戦)優勝

エクストラぺトル20170202

2/2  加藤征厩舎
2日の川崎競馬では縦長の展開のなか中団を追走する。流れを見ながら進めて3コーナー付近から仕掛け直線先頭に。抜け出したところを最後に詰められるが、凌ぎ切って優勝。「ありがとうございました。加藤先生には大変お世話になっていて先日別のオーナーさんの馬に乗せていただいていたのですがうまく乗れなかったので、ここは何としても上手く乗って結果を出したかっただけに良かったです。あまり揉まれない形が好ましいようでしたから、まわりの動きをよく見ながら進めました。悪くない形で立ち回れて仕掛けるとしっかりと反応してくれましたね。最後は際どかったですが、よく凌いでくれました。この馬の形で競馬ができればまた頑張ってくれるはずです。おめでとうございました」(森騎手)「おめでとうございました。体は増えていましたが、調教の動きを見る限り対応できると思っていましたし、体調はいつもと変わりない状態でした。過去に滑るようなダートの時にあまりいい走りができなかったことがあったので、それだけが不安でしたかね。あとはスムーズな競馬をしてくれたらと思っていたのですが、上手く導いてくれました。前半はまわりに馬がいる状況でしたけれど我慢が利いていましたし、上げていくときはごちゃつかない形で攻めてくれました。前回溜める競馬を試すことができなかったのですが、今回前半に溜めて終いを伸ばす形にしてみて悪くなかったということもあります。クラスが上がって大変にもなるかと思いますが、今回の競馬をキッカケにまた頑張って欲しいです。ご声援いただきましてありがとうございました」(加藤征師)しばらく勝ち星から遠ざかっていましたが、もうひとつ噛み合い切れていないところもありましたし、今回は変化をつけるために地方交流戦へ挑みました。縦長の展開になったこともスムーズな競馬をさせたいエクストラペトルにとって好都合でしたし、しっかりと溜めて後半勝負、しかもスムーズな形に導いてくれた鞍上の好騎乗も光り、待望の2勝目を挙げてくれました。これからはさらにクラスが上がり厳しい戦いが待っていますが、何とかまたいい走りを見せて欲しいと思います。今後はまずしっかりと状態を見て、間を取り次走へ向けて調整していく予定です。


エクストラぺトルが、川崎競馬の地方交流戦アメジストスター賞に出走して優勝しました。もう少し距離があったら差し切られていました。何とか凌いでくれた森泰斗騎手の好騎乗でした。ただし、500万下の地方交流戦でぎりぎりの勝負をしていたら、中央の1000万下では用無しです。もっともっと成長して、強くなってほしいです。この優勝でホッとしましたが、うれしさはあまりないですね。まだ馬代金を回収できていない段階で頭打ちになるのも寂しいので、馬代金分を回収するためにもあと一つ勝ちたいです。1000万下を優勝できれば、それ以上のことは望みません。とは言え、今年のエクストラぺトルへのお願いは達成しました。よく頑張ってくれました。この後は繁殖のこともあるので、怪我だけはしないでほしいです。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
プロフィール

まこっちゃん

Author:まこっちゃん
キャロットクラブと東京サラブレッドクラブで一口馬主をしています。

広島生まれの広島育ち。
さいたま市在住。
当然ながら、サンフレッチェ広島と広島カープのファンです。

つくね厩舎代表馬(獲得賞金1億円以上):
カイカヨソウ(南関東SⅠ・3勝)
レッドキングダム(中山大障害JGⅠ優勝)
レッドレイヴン(日本ダービーGⅠ出走)

2010年出走馬成績
着順:0-0-0-0-0-2
2011年出走馬成績
着順:4-7-4-4-3-24
2012年出走馬成績
着順:11-7-5-9-8-32
2013年出走馬成績
着順:10-2-3-3-5-29
2014年出走馬成績
着順:10-8-9-7-8-45
2015年出走馬成績
着順:14-10-9-6-4-41
2016年出資馬出走成績
着順:11-4-10-3-8-43


◎上記は、出走愛馬が勝った場合にクラブより勝利写真が送られてくるレースを対象にしています

2017年出資馬出走成績
着順:4-0-2-2-2-12

1/7 ゼルビーノ 4着
1/7 キスイン 13着
1/7 トータルヒート 8着
1/22 キスイン 15着
1/22 レッドソレイユ 4着
1/29 ゼルビーノ 5着
2/2 エクストラぺトル 1着
2/18 トータルヒート 13着
2/19 メートルダール 1着
2/25 レッドソレイユ 10着
3/12 マイティーゴールド 15着
3/16 フィーユドトネール 1着
3/19 チャームクオーク 6着
3/30 シャンドランジュ 8着※実績算入外
4/1 エクストラぺトル 14着
4/14 フィーユドトネール 6着
4/16 ゼルビーノ 3着
4/17 ヴェルティーチェ 11着
4/22 キスイン 16着
4/27 シャンドランジュ 10着※実績算入外
5/5 フィーユドトネール 1着
5/7 メートルダール 3着
5/13 ゼルビーノ 5着
5/21 アールブリュット 11着

最新記事
カテゴリ
一口馬主DB
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ