トータルヒート ルミエールオータムダッシュ(オープン)2着

トータルヒート20161030

10/30  平田厩舎
30日の新潟競馬では中団後方から外ラチ沿いへ誘導し、最後の勝負にかける。狭いところを縫うようにして伸びてきたが勝ち馬には及ばず2着。「初めての条件ですから蓋を開けてみないとわかりませんでしたが、馬の具合は良さそうに思え、楽しみも持ってレースへ向かえました。スタート後はまわりの方が速かったこともあり、急かさないようにじっくり進めたんです。馬場は外のほうが良かったので、意識的に外へ持って行って前を壁にして進めました。風避けのような感じで前に壁があるところで溜めて、ここからというときに進路を探りながら伸ばしたんです。うまく行ったと思ったんですけれどね…。勝ち馬が思った以上に前にいましたので、今日は相手が強かったということなのかもしれません。勝ちたかっただけに悔しいです」(菱田騎手)芝・ダートともスピード上位の馬ですからこの条件は魅力的に映りました。ただ、適性に関してはやってみないとわからないところもあるため半信半疑な部分があったのも確かです。実際のところ、レースの進め方はこれまでとは異なりましたが、鞍上の好リードもあり、最後の伸びは特出していました。あそこまで行ったら勝ちたかったですが勝ち馬が一枚上だったということでしょう。引退まであと5ヶ月になりますから無事に走り抜いてくれたらと思います。今後についてはレース後の状態を見てからになりますが、使ってきているのでひと息入れることも含めて検討していきます。
 

実は昨日、トータルヒートのレースがあるのをすっかり忘れていました。
メートルダールが勝ったあと、天皇賞の馬券を買って席についたときに、トータルヒートのレースが場内に放映されました。
びっくりしました(笑)
レースは、2着に。結果には大満足でした。
オープンで2着なんて、望外でしたから。
でも、直千は合うと思っていたので、590円ついた複勝は買っておきたかったですね。残念。

これで引退でしょうね。
来年の夏の新潟で見たいですけどね。
でも、オープン2着ならば、繁殖としては血統面からもエース級の扱いだと思います。
繁殖として、とても期待しています。

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト

メートルダール 精進湖特別(1000万下)優勝

メートルダール20161030①

メートルダール20161030②

10/30  戸田厩舎
30日の東京競馬ではまずまずのスタートを切るも無理をせずに中団後方で脚を溜める。直線ではグイグイと力強い動きで他馬を寄せ付けず優勝。「跨がってからちょっと元気良すぎるくらいでしたが、ゲートの中ではおとなしくしていて、出は速いくらいでしたね。スローになるのは予想していたので前に行く選択肢もあったものの、手応えが良かったので下手には動かずリズム重視でジックリと運びました。直線は見ての通りすばらしい脚でしたし、今日のメンバーでこの走りですから、本当に上のクラスが楽しみになりました」(福永騎手)「結果的には真ん中より後ろで脚を溜める形になりましたが、ゲートをしっかりと出てくれましたし、どこからでも運べそうな競馬でしたね。我慢を利かせていい手応えで直線へ向かえましたし、しっかりとこの馬の力を発揮してくれました。元々のポテンシャルの高さはあったものの、時間をかけてまた良くなっている面もありますから、これからがさらに楽しみになりました。次は状態を見てからになりますが、とにかく今日はスッキリと結果を残せて良かったです。ありがとうございました」(戸田師)前が有利なスローペースでしたが、その心配をよそに直線ではすばらしい脚を使って先頭でゴール板を駆け抜けてくれました。スムーズに力を出すことができればここでは力が違ったでしょうし、今後がますます楽しみになりました。この後はレース後の状態と番組を見ながら、どうするか慎重に判断していきます。

メートルダールが1年ぶりに勝ちました。
東京競馬場でレースを観ました。現地応援で初めてメートルダールが勝ってくれました。

メートルダールにはクラッシックを期待しましたが、出走すらできませんでした。
クラッシックのトライアルレースで一緒に走った馬たちが、1000万条件を続々と勝っていたので、このレースは負けられないという思いが強かったです。
上がり33秒台で差し切ってくれました。
まだまだ超一流には差がありますが、コツコツ勝っていって一流馬の仲間入りはしたいです。
年内にもう1勝して、オープン馬として来年を迎えたいです。

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

イルーシヴウェーヴ15を見学してきました

イルーシヴウェーヴ15 20161018

紅葉をバックに毛づやの良いイルーシヴウェーヴ15。
世界的名血の牝馬は、上品でした。

馬体はまだ成長中で、450キロくらいにはなるのでは、とのこと。
小さいかなっと思っていたので、これは良い感じかな。
小さくても走るディープ産駒牝馬は多いので、450キロくらいになれば十分でしょう。

イルーシヴウェーヴ15 20161018②

顔はかわいいですね。
落ち着いていて、どしっとしていました。
この仔は大物かもって、親ばかな感想でした。

門別競馬場への遠征



2日間有給休暇を取得しましたが、完全に仕事から離れることはできませんでした。
午前中2時間仕事をしたあと、レンタカーで門別競馬場に移動しました。
途中、お昼ご飯を食べにネットで調べていた灯泉房さんに行きました。

3.jpg

目当ての食事は、ししゃも寿司。
10月11月の2ヶ月がメインのようですので、食べたかったです。
以前、札幌市内で食べたことがあり、美味しかった記憶があります。
今回も値段は高かったですが、美味しかったです。

2.jpg

お昼を食べたあと門別競馬場に移動しました。
ここが誤算で、お昼を食べてすぐに到着してしまいました。
結構近かったのです。
もっとシシャモを堪能しておけばよかった。
駐車場に停めた車の中でPCを開いて仕事をして時間を潰しました。

8.jpg

結構おしゃれな感じです。

4.jpg

競馬場の中は、コンパクトですけど綺麗でした。

5.jpg

ナイター競馬は綺麗だろうなと思いましたね。
今回は、フィーユドトネールの出走した1Rが終わると競馬場を後にしました。
次回は、ゆっくりメインレースまで楽しみたいです。

9.jpg

レースを映し出す大型ヴィジョンは移動式。
このほうが管理しやすそうですね。

7.jpg

馬場は広かったです。
大井競馬場と同じくらいか、もしかしたらもっと大きいかも。
大きな建物がないから大きく感じるのかもしれませんが、浦和競馬場の2倍は絶対ありすね(笑)

門別競馬場には初めて行きましたが、また行きたくなる競馬場でした。

フィーユドトネール未勝利戦優勝

フィーユドトネール20161019①

今日は、門別競馬場にフィーユドトネールの応援に行ってきました。
門別競馬場には初めて行きました。
距離感覚がないため、早く到着した。
結構近いなという感想です。
駐車場に停めた車の中で、仕事をして時間を潰しました。

フィーユドトネール20161019②

2時半からレースなので、2時に入場しましたが、すでにパドックを周回していました。
パドックを見る前は、フィーユドトネールが飛びぬけて良く見えるのだろうと思っていましたが、そうでもなかったです。

フィーユドトネール20161019③

鞍上は、ホッカイドウ競馬現リーディングの桑村騎手。

フィーユドトネール20161019④

落ち着いて周回できていたのは良かったですね。

その後は、急な仕事が入り対応していたらレース開始5分前。
慌てて馬券を購入。

20161019225430457.jpg


レース結果は、フィーユドトネールの圧勝でした。
でも、スタートしてしばらくはドキドキしましたね。

単勝配当は160円。
フィーユドトネールのお陰で、6000円が浮きました。
このお金でお土産を買いました。

口取りもできて、この遠征は満足できました。
来年も門別競馬場に行きたいですね。
地方募集馬をチェックします(笑)

アールブリュットを見学してきました

アールブリュット20161018

ノーザンファーム早来でアールブリュットを見学してきました。
不安を抱えている右前はまだまだのようです。
じっくり様子を見ていくしかないですね。
ただ、私の願いだった引退→繁殖はないようです。
あくまで競馬を目指していく方向でした。

馬体重は560キロくらい。
でかかった!
可愛さは変わりありませでしたけども(笑)

なんとか競馬でもう1勝して、オープン馬になって繁殖にあがり、ディープインパクトの子供を産んでほしいです。

ピエリーナ引退

ピエリーナデビュー戦

10/7  引退
「脚元に疲れが見られた直後にペースを落として少し楽をさせていたのですが、そのときは小康状態を保っていました。様子を見ながら坂路を使いつつ乗り出していくと再び不安定になり、再確認したところ右前脚の球節に負担がかかりやすくなっていて、特に種子骨靭帯部分に傷みが見られます。一過性のものというよりも調教とレースを重ねている間に少しずつダメージが蓄積されていたのかもしれません。時間を十分にかければいくらか楽になる可能性もありますが、引退までの期間を考えると良い状態でレースへ向かえるようになるのは難しいのかもしれません。レースへ向けて再び送り出したかったのですが申し訳ございません」(NFしがらき担当者)「夏の小倉開催後はしがらきでケアをしつつ調整を進めてもらっていました。今度は出馬状況と馬の状態を照らし合わせつつですが、できるだけ間を空けないでレースへ向かっていきたいと考えていましたので、9月中の入厩を検討していて、先々週、先週あたりの入厩で調整していました。最終的に状態面の確認を取ろうと思っていたところ、獣医師から脚元に少しムクミがあり疲れが見られるという連絡を受けたためしばらく経過を見てもらっていたのですが、種子骨靭帯部分に傷みが蓄積されているということでした。時間をかければ何とか対応できる可能性もあるかもしれませんが、来年3月で引退となる牝馬です。ここまで長い間頑張ってくれた馬ですから最後の最後で痛い思いをさせるのは避けたいという思いもありましたし、もし繁殖としての仕事があるのであれば尚更、無理はさせたくないという気持ちでいました。その結果、その方向で検討いただけるということで、クラブ、牧場と相談をした結果、ここで引退するという話になりました。これまでのことを振り返りますと、体質的な弱さがあり、思うように使い込めませんでした。特に昨年は秋から冬にかけてトモの不安から半年ほどお休みをいただくことになりましたし、会員の皆さんにはご理解いただきお待ちいただいていたことも頭の中にありました。そのような中で小倉で結果を出せた時はホッとしていました。再び体調が整うまでに少しお休みの時間をいただくことになり、復帰のタイミングの兼ね合い、そして滞在競馬という形もうまくフィットし小倉を狙いましたが、小倉だけを使うと考えていたわけではありませんでした。確かに滞在はいいと思えましたけれど中央場所で走る姿もお見せできればと思い、今回は東京を含めた秋競馬も考えていたのですが、このような結果になってしまい誠に申し訳なく思います。そして、長い間頑張ってくれた馬にも、見守ってくださった皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」(堀師)3歳時は芝も走っていましたがダートへ転向してから走りに良さが見られ、未勝利戦を勝ち上がることはできませんでしたが地方からの再出発で見事連戦連勝を飾り中央競馬へ復帰してくれました。帰ってきてクラス再編成直前の復帰初戦では鮮やかに勝ち星を挙げ、戻ってきたことを改めて喜べた一戦でした。その後は北海道での戦いに挑みましたが苦しさもあってかその後は低迷期に入り、体質の弱さも噴き出してしまい思うように使い込むことができずにいました。その中でも小倉競馬場で決めた通算5勝目は強さの際立つ競馬を見せてくれましたが、引退までの間に6勝目を目指そうとした中で脚部不安を発症し、引退まであと5ヶ月の間に満足いく状態で復帰することができるかどうか微妙な状況であったため、今後について堀宣行調教師と協議を行った結果、将来のことも踏まえてここで判断し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。長い間ご声援いただき誠にありがとうございました。


突然、ピエリーナが引退しました。
ただ、堀調教師のコメントにあるように繁殖に上がれるようです。
良かった。ピエリーナの子供を母馬優先でキャロットクラブで募集してほしいです。
キャロットクラブで募集されそうな母馬優先馬はカイカヨソウのみでした。
ピエリーナが2頭目、トータルヒートが3頭目、シュシュブリーズが4頭目、アールブリュットが5頭目、エクストラぺトルが6頭目になると良い布陣になると思っています。

ピエリーナのデビュー戦は中山競馬場で観戦しました。
パドックでの馬体の小ささは目立っていました。
未勝利で地方へ。3連勝して中央復帰。
中央復帰初戦快勝。500万下2勝。
十分です。
これからは、良いお母さんになってください。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

突然のカビゴン



夕方になり、晩御飯を買おうとコンビニに向かうと長蛇の列。
埼玉スタジアム2002でサッカーW杯アジア予選があったので、駅前はごった返していました。
仕方なくイオンに行き先を変更。
とぼとぼと歩いていましたが、突然カビゴンが出現。
周りの人たちからも歓声が(笑)
3分くらいの壮絶な戦いののちカビゴンをゲット!
ズリのみを惜しげもなく使い、ハイパーボールも使い果たし、スーパーボールで何とか捕獲しました。

カビゴンは欲しかったけど、なかなか近くに出現スポットはなかった。
さらに、このごろ疲れていて(実は扁桃腺が腫れてました、しんどいはずです)、ポケモンGOもやっていなかったのです。
しかし、W杯に向かう大勢の中を逆に歩くには、スマホの力を借りるしかない(笑)
久しぶりにポケモンGOを起動させたご褒美でしょうか。
うちの近くのイオンにはろくなポケモンはいなかったのですが、今日はいいポケモンが大量発生。
これでまたポケモンGOを続けることになりそうです。

カビゴンを捕まえて、すぐに子供達に自慢しましたから(笑)

馬券もポケモンもたまには良いことがないと続かないよね。
一口馬主は、、、10月18日19日で北海道に行くことにしました。
18日は牧場見学を申し込みました。リッチダンサー15とイル―シヴウェーヴ15に会いに行きます。
19日は門別競馬場にフィーユドトネールを応援しに行く予定です。
北海道でリフレッシュして帰って来たいものです。

ゼルビーノは新馬戦4着

ゼルビーノ20161001①

パドックでは全然入れ込んでいなかったゼルビーノ。
半兄オレニホレルナヨとは対照的でした。(オレホレはうるさかったなあ・・・)

ゼルビーノ20161001②

半兄に外見は似ていますが、馬体の完成度はオレホレには敵わないですね。
オレホレはこの時期に中山のカンナステークスを走って4着でしたもんね。


10/1 西園厩舎
1日の阪神競馬ではゲートがあまり速くなく道中は後方から。直線で脚を伸ばすもなかなか前との差を詰めることができず4着。「最後までしっかりと伸びていますし、よく頑張ってくれているんですけどね。ゲートがあまり良くなかったですし、3~4コーナーで他の馬を怖がってしまったことで少し外へと逃げてしまいました。外枠ならばもっと競馬がしやすかったと思います。申し訳ありません」(M.デムーロ騎手)「稽古の内容どおりなら十分勝ち負けになると思っていたのですが、今日はスタートからあまり進んでいかず、最後もちょっと外を回るロスがありました。ただ、それでも直線はしっかりと伸びてくれていますし、もう少し流れに乗れていれば違っていたでしょう。人気にも推されていたのに申し訳ありませんが、力のあるところは見せてくれましたから、一度使った上積みに期待したいですね。続戦するかどうかはまず馬体をよく確認してから検討していきます」(西園師)1週前、そして当該週といい内容の追い切りができていたのですが、今日はスタートから流れに乗り切れずに終わってしまった印象です。ただ、競馬を一度経験したことは大きいでしょうし、次走ではさらに前進といきたいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

9/29 西園厩舎
10月1日の阪神競馬(2歳新馬・ダ1800m)M.デムーロ騎手で出走いたします。

9/28 西園厩舎
28日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒3-25秒0-12秒5)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。格上を相手に最後までしっかりと動けていましたし、終いも12秒5でまとめていい追い切りができたと思います。これで明日は軽い運動程度で楽をさせ、金曜日には念のためゲートの確認を行っておくつもりです。入厩後は人の手を煩わせるようなこともなく、至って順調に調整が進められてきましたからどんな競馬をしてくれるか楽しみにしたいですね。阪神競馬場への輸送があるので何とも言えませんが、現在の馬体重は460キロなので、おそらく当日もそれほど変わらない数字で臨めると思います」(西園師)10月1日の阪神競馬(2歳新馬・ダ1800m)M.デムーロ騎手で出走を予定しています。

西園調教師のコメントでは、460キロくらいでの出走と想定されていました。
しかし、当日の馬体重は470キロ。調整は上手くいかなかったのでしょうか???

レースは出遅れて終了。
次のレースを見ないことには何とも言えませんね。

久しぶりに阪神競馬場に行きました。
とても人が少なかったです(苦笑)
関東の競馬場ではありえないくらいの少なさでしたね。相変わらず。
大井競馬場のほうが、観客は多いのではないかと思ってしまったくらい。
でも、椅子に座って観戦できるので、楽ですね。
またまた阪神競馬場では勝てませんでした。
残念ながら、とほほな感じで新幹線で帰ってきました。

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

悔しいスプリンターズステークス(GⅠ)

スプリンターズステークスは東京TCのレッドファルクスが優勝し、GⅠ制覇。

悔しかったなあ(苦笑)

自分はレッドソレイユとレッドフォースに出資したんですよ。
レッドソレイユはディープインパクト産駒で、レッドフォースはキングカメハメハ産駒。
レッドファルクスは地味なスウェプトオーヴァーボード産駒。
ソレイユ3600万円で、フォースは3000万円ですが、ファルクスは1600万円の募集価格。

こういう馬を引けないかな・・・レッドファルクスを引けていたら、自分を褒めていましたね。
メジャーな種牡馬のみに出資して、マイナー種牡馬で当たりを引けない自分はダメダメです。
カッコ悪いなあ。一番ダメなやつですよ。

レッドファルクスが2勝目を挙げたころに、このブログでこういう馬に出資していない自分はダメだと書いたと思います。
GⅠまで勝っちゃいましたね。やっぱり、ダメだな、俺は(笑)

自分が、東京TCに入会したあと、GⅠを勝ったのは3頭です。
レッドリヴェールとレッドキングダムとレッドファルクス。
3頭とも社台ファーム生産馬。東京TCで出資するなら社台生産馬ですね。
東京TCにはいい馬を社台ファームが提供してくれますね。
山本オーナーと関係が良好なのは、ノーザンよりも社台なのでしょうね。

馬券ですが、出資馬ではないレッドファルクスが勝つと思いましたが、なかなか手が出ませんでした。
グリーンチャンネルを観ていて、レッドファルクスの馬場入り時に「二刀流」と紹介されました。
これは今年のパリーグ制覇をした日ハムの大谷関連馬券だと思いました。

自分も単複二刀流で勝負。



レッドファルクスが1着になってくれたので、阪神遠征費以上の回収ができました。

未だ喜べない馬券ですが、お金が増えたので良しとするしかないですが、悔しいのは悔しいです。
レッドファルクスは強いし、お父さんの代表産駒になったことで種牡馬の道も開けてくるかもしれませんね。
プロフィール

Author:まこっちゃん
キャロットクラブと東京サラブレッドクラブで一口馬主をしています。

広島生まれの広島育ち。
さいたま市在住。
当然ながら、サンフレッチェ広島と広島カープのファンです。

つくね厩舎代表馬(獲得賞金1億円以上):
カイカヨソウ(南関東SⅠ・3勝)
レッドキングダム(中山大障害JGⅠ優勝)
レッドレイヴン(日本ダービーGⅠ出走)

2010年出走馬成績
着順:0-0-0-0-0-2
2011年出走馬成績
着順:4-7-4-4-3-24
2012年出走馬成績
着順:11-7-5-9-8-32
2013年出走馬成績
着順:10-2-3-3-5-29
2014年出走馬成績
着順:10-8-9-7-8-45
2015年出走馬成績
着順:14-10-9-6-4-41
2016年出資馬出走成績
着順:11-4-10-3-8-43


◎上記は、出走愛馬が勝った場合にクラブより勝利写真が送られてくるレースを対象にしています

2017年出資馬出走成績
着順:3-0-0-2-1-7

1/7 ゼルビーノ 4着
1/7 キスイン 13着
1/7 トータルヒート 8着
1/22 キスイン 15着
1/22 レッドソレイユ 4着
1/29 ゼルビーノ 5着
2/2 エクストラぺトル 1着
2/18 トータルヒート 13着
2/19 メートルダール 1着
2/25 レッドソレイユ 10着
3/12 マイティーゴールド 15着
3/16 フィーユドトネール 1着
3/19 チャームクオーク 6着

最新記事
カテゴリ
一口馬主DB
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ