マイティーゴールドは惨敗14着

マイティーゴールド20160626

6/26  尾関厩舎
26日の東京競馬では促しながら前目を追走するも、勝負どころではすでに余裕がなくなってしまい14着。「ノドの弱さのことは聞いていましたから、距離短縮がいい方に出てほしいと考えていました。しかし、結果的にはある程度促して付いて行く必要があり、現状の息遣いを考えてもただでさえ息を入れ難くかっただけでなく、内、外からプレッシャーをかけられる厳しい展開もあって余計に辛くなってしまいました。そのような状況で直線では無理をできませんでした。何とかいい走りをお見せしたかったのですが、申し訳ありません」(石川騎手)息遣いの粗さは以前から見せていましたが、ここまではその状況でも最後に踏ん張ってくれていましたし、舌縛りや距離短縮でカバーしたいと考えていました。しかしながら使いつつ苦しさも大きくなって来ていたのか、この馬本来の走りをまったく見せられませんでした。今後についてはレース後の状態を確認してからになりますが、ノドのことを含めてどのような対応をしていくか慎重に判断していきます。

喉に不安のあるマイティーゴールドは1番人気に支持されましたが、14着。
馬券を買われた方に迷惑をかけてしまいました<(_ _)>

もう喉の手術をするしか手はないと思います。
マイティーゴールドも、競馬をすると苦しくなるから、競馬が嫌いになっているでしょう。
これが楽になると、走りも変わると思います。

まだ決まっていませんが、手術が成功することを祈ります。

※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト

ヴェルティーチェはハ行で出走回避

ヴェルティーチェ20160625

6/25 NF空港
「来週のレースへ向けて今朝、最終追い切りを行いましたが、午後になって馬房から出した際に左前脚をハ行して歩様に乱れが出ているのが確認されました。すぐに獣医師にもチェックしてもらいましたが、来週のレースについては無理をしない方がいいだろうという見解です。待望のデビュー戦を楽しみにされていた会員様には申し訳ありませんが、来週の競馬については大事を取らせていただきます。今後ですが、時間が経って症状に変化が出る可能性もありますので、しっかり状態の確認をしたいと思います。経過をよく見た上で、この後のことについては検討していければと考えています」(空港担当者)30日の門別競馬(Sフレッシュチャレンジ・ダ1600m)は回避する予定です。今後については状態を見た上で検討していきます。

6/23 NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン13~14秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「来週の競馬へ向けてしっかり負荷をかけることができています。週末に追い切りをかけた上で来週のデビュー戦に万全の態勢で向かえるように仕上げていければと思います。馬体重は469キロです」(空港担当者)30日の門別競馬(Sフレッシュチャレンジ・ダ1600m)に出走を予定しています。

6/16 NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン13~14秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「引き続き、順調に日々のメニューを進めることができています。いい形で状態面の向上を図れていますし、このまま競馬へ向かっていければと思います」(空港担当者)30日の門別競馬(Sフレッシュチャレンジ・ダ1600m)への出走を目標にしています。


楽しみにしていたヴェルティーチェのデビューが延期になりました。
追い切り後にハ行したようで、心配です。
フィーユドトネールに続き、ヴェルティーチェも早期勝ち上がりは厳しいか。
つくね厩舎の地方牝馬2頭は試練の時です。

キャロットクラブの更新を見たとき、ぎっくり背中がさらにぎっくりしました(苦笑)
まったく今年の一口馬主はついていないな。

広島カープが調子がいいと、競馬はこうなるのか(笑)
全部がうまくいくことはないということでしょうね。

広島カープが優勝するのであれば、それまで全敗でもいいと思う自分はおかしいでしょうか?
25年ぶりの優勝は、それだけの価値はあると思っていますので、今年は広島カープの優勝に賭けます。
25年ぶりの優勝となると、うちの子にとっては生まれて初めてのことになりますからね。

※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

マイティーゴールドは不安多き出走

マイティーゴールド20160430

6/23  尾関厩舎
22日は美浦坂路で追い切りました(54秒3-38秒8-25秒7-13秒1)。23日は軽めの調整を行いました。「先週はジョッキーを背にしてしっかりと1週前追い切りを行いましたから、当該週の追い切りはスタッフで十分かなと考えこちらで調整を行うようにしました。競馬の週は坂路で整えるようにしたのですが、残り3ハロンくらいのところから口を割って頭を上げるような格好になっていましたね…。以前はそのようなことがなかったのですが、ここ最近はムキになりすぎるところが目立っているんです。先週もそうでしたが、今週は何とかなだめて動かしています。ただ、調教のペースだからこのようになっていて競馬のペースならば問題ないのかなという印象を今のところ抱いています。もちろん、もしかすると呼吸器系の弱さ、苦しさからそのようになっているのかもしれませんので、決めつけず、レースでもよく確認をしていきたいと思っています。東京開催最後の週とあって混み合って除外になる不安もあったのですが、想定を見る限りではギリギリのボーダーライン上でしたね。1600mに登録することもいったんは考えたのですが、前走の内容からできればひとハロン詰めたいという狙いがあったのでここ一本で考えています。あと、前走は舌を縛らずに臨んだのですが、今回はやろうかなと思っています。いったん外したのは、縛ることで却って力んでしまっているのかなと思っていたからだったのですが、ボウマンに“舌を縛ったほうがいいのではないか”というコメントをもらいましたし、先週の追い切りでは舌をフリーにしていたのにムキになっていたので、対応するしないでそう差はないのかなと思い直したからなんです。それでも昨日の追い切りでは縛った状態で走らせて力んでいたので一抹の不安はあるのですけれどね…。最終的には当日の気配で決めますが、いくらかでも息遣いが楽になる可能性があるのならやったほうがいいかなと思っているので、今のところは縛る方向で考えています」(尾関師)26日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1400m)に石川騎手で出走いたします。

6/16  尾関厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(80秒8-65秒9-52秒2-39秒2-13秒1)。「行ければ来週の競馬へ向かいたいと思っていますし、3場にわかれていて、なおかつ宝塚記念の裏の手薄な時にチャンスをものにできるようにしたいと考えています。息遣いのこともあるので少し距離を詰めてみて、今回は1400mで行ってみようと思っていますから、日曜日のその番組を狙い、さらに減量を利かせて石川で向かう計画を立てています。それで、今朝の追い切りに跨ってもらうことにしたんです。ゆったりと行かせて徐々にペースアップしていければという理想を持っていたのですが、序盤からかかるような感じになってしまって、早い段階でラップが速くなっていましたね…。普通ならば終いの1ハロンが遅くなっても不思議ではないなと思っていたのですが、それをまずまずの時計でまとめてくるのですから、やはり力はあるのでしょうね。それにしても、そのかかるという面をこれまでで強く見せることはなかったので、もしかしたら苦しさも増してきているのかもしれませんね…。この後も喉のケアをしっかりと行いながら競馬へ向かっていけるようにしたいと思います」(尾関師)「初めてになりますし、角馬場から乗せてもらってどのような感じの馬かを探るようにしていました。大きい体ですが、動きに重々しさはそこまでなく、調教に行っても気が入っていて、2コーナーくらいからハミを噛んでいくくらいでした。そこでうまくなだめられず前半から少し速くなってしまいましたが、ゴール板まで脚色衰えず走ることができていました。ただ、角馬場からわずかに気になっていたのですが、喉の音がかすかに聞こえていましたし、ゴール板をすぎてから向こう正面までできれば流していきたかったのですが、求めるところが終わるとフーッと一気に脱力していたんですよね。もしかしたら苦しさもあるのかもしれませんが、今日は僕が前半から速いラップで入ってしまったこともありますから、ハッキリとしたことが言えず申し訳ありません。走る馬だと思いますから、レースではうまくリードできるようにしっかりと乗りたいと思います。よろしくお願いいたします」(石川騎手)26日の東京競馬(3歳上500万下・ダ1400m)に石川騎手で出走を予定しています。

6/9  尾関厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後も様子を見るように天栄で乗り込みを行ってもらっていました。呼吸器にやや繊細さのある馬なので、あまり暑い時期に無理強いはしたくないなという思いもありましたし、できれば本格的に暑くなる前の時期のレースを考えていければと検討していたんです。理想は距離のバリエーションが多い東京開催中の出走だったのでそれが可能かどうかがポイントになったのですが、月曜日に見に行ってきた時の馬のコンディションも悪くなさそうで、検疫も無事に確保できましたので本日入れさせていただきました。移動によって体温が不安定になることもある馬ですから、まずは様子を見るようにじっくりと調整を開始していって、対応可能なようであれば東京最終週を目指していきたいと考えています」(尾関師)


喉に問題のあるマイティーゴールド。
雨なら喉には良かったのですが、明日は晴れて暑くなりそうです。
ダート1400に距離短縮をすることは、斤量に有利な3歳馬なのでいいと思います。
不安しかないですが、ここを負けているようでは、もう出世はないな。
ユニコーンステークスに出てても敵わなかったとは思います。
でも、500万下でうろうろして欲しくはないです。

がんばれ!

自分は、ぎっくり背中になって動けません。
ずっと背中が痛かったのですが、ぎっくり腰ならぬぎっくり背中とは・・・
歳を感じるとともに、老後はこんな感じで動けないのかと思うと、嫌ですね(苦笑)
愛馬も自分も健康に問題あり(笑)


※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

フィーユドトネールが骨折

フィーユドトネール20160624

6/24  NF空港
レース後の状態をチェックした結果、右前トウ側手根骨を骨折していることが判明しました。「レース後の様子を見ていたところ、脚元に張りが出ていましたので、念のためレントゲン検査を実施しました。その結果、残念ながら骨片が剥離しているのが確認できました。何とか次走で勝利を手にしたいと考えていただけに非常に申し訳ない限りです。すぐに社台ホースクリニックに手術の依頼をかけていますので、タイミングを見て骨片を摘出するオペとなる予定です。今後については術後の様子を見た上で検討していくことになりますが、まだ南関東へ移籍するために必要な50万円のボーダーはクリアしていませんので、何とかホッカイドウ競馬開催中の復帰を目指していければと思います」(空港担当者)

フィーユドトネールは新馬戦で激しいレースをしたためか、レース中なのか、骨折してしまいました。
こうなるから地方馬の新馬戦は大事なのです。
いまのままでは南関東に移籍できないですが、焦って戻しても仕方ない。
しっかりと骨折を治して、園田か名古屋など南関東以外で走ることも考えておきたいです。
南関東牝馬3冠レースにはまだまだ時間はあります。
能力はあると思いますので、ゆっくりじっくりといくのもありかもしれません。

※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

フィーユドトネールは悔しい2着

フィーユドトネール20160623

勝ち馬は強かった。
マークされる厳しいレースで差し返す根性を見せた。
でも、ここでは負けてほしくなかった。
悔しいなあ・・・(T_T)
地方馬の新馬戦はめちゃめちゃ大事なのに、ここを逃す馬はダメだ。
勝負弱い。

6/23  門別・廣森厩舎
23日の門別競馬では絶好のスタートを切ると前々でレースを進める。好位のまま直線へ向かうが、直後にピッタリとマークしていた勝ち馬に並びかけられると抜きつ抜かれつの攻防を見せたが、最後は僅かに交わされて2着。「申し訳ありませんでした。ぴったりマークされていたので、嫌だなとは思っていましたが、それでも勝たなければいけないレースでした。何度も差し返していたように力はありますし、次はしっかり決めたいですね。今日は返し馬からかかってしまいましたし、勝負どころでもかなり気が入ってしまったので、スムーズに運べていれば爆発力が違ったはずですから次走はきっちり巻き返したいと思います」(五十嵐騎手)「能検ではいい動きを見せていましたし、このレースへ向けてじっくり乗り込んできましたので、期待を持って送り出しました。結果を出せれば良かったのですが、本当に申し訳ないレースになってしまいました。最後は抜きつ抜かれつで頑張りを見せていましたが、僅かな差だけに悔しい限りです。今日は返し馬や道中の感じからもだいぶスタミナをロスしていたと思いますし、新馬戦のゆったりしたペースも合わなかったのかもしれません。次のアタックチャレンジは流れが違いますし、今度こそ結果を出したいと思います。空港牧場での状態を見た上で次走については相談していきます」(廣森師)圧倒的な人気に応える走りに期待しましたが、最後の直線の攻防を制することはできませんでした。力があることは今日の走りから十分感じることができましたし、次走はしっかり勝利を掴みたいと思います。今後についてはレース後の状態を見た上で検討していきます。

やれやれ(苦笑)
疲れたな・・・今日は・・・


※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

フィーユドトネールが明日デビュー

フィーユドトネール20160621

キャロットクラブからフィーユドトネールのデビュー戦の案内と写真が届きました。
つくね厩舎2016年2歳馬最初のデビュー戦になります。

6/21 NF空港
23日の門別競馬(フレッシュチャレンジ・牝馬限定・ダ1200m)に五十嵐騎手で出走いたします。

6/19 NF空港
18日は屋内坂路コースで追い切りました(39秒2)。「昨日、坂路コースで最終追い切りを行いましたが、いい動きを見せてくれたと思います。追われると最後までしっかり伸びてくれましたし、止めるのに苦労するほどです。十分勝負になる状態にあるでしょうし、デビュー戦からいい結果を出してくれることに期待しています」(空港担当者)23日の門別競馬(フレッシュチャレンジ・牝馬限定・ダ1200m)に出走を予定しています。

6/16 NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン13秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「来週の競馬へ向けてしっかり乗り込みを行えています。今のところ、土曜に最終追い切りを行う予定でいますので、いい形でレースへ向かえるようにキッチリと仕上げたいと思います」(空港担当者)23日の門別競馬(フレッシュチャレンジ・牝馬限定・ダ1200m)に出走を予定しています。


勝ってくれると信じ切っているためか(笑)、緊張しません。
その分、負けたらショックでしょうね(苦笑)

フィーユドトネールは強いと思うので、明日は門別まで観に行きたかったです。
今月は決算月なので、仕事が忙しくて、全然無理なんですけどね。

明日はとにかく頑張れ!!!

※写真とコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

シャンドランジュは未勝利脱出が見えた3着

シャンドランジュ20160618

シャンドランクが3歳未勝利戦に出走し、3着に粘りこみました。

6/18  大和田厩舎
18日の東京競馬ではスタート後、促して先頭へ並びかける。そのまま直線へ向き、併走した勝ち馬へ迫ろうとするが最後は脚色が鈍り3着。「内の馬が速くて番手からにはなったものの、極端にリズムを崩すようなことはなく、いい競馬ができたと思います。それなのであとは結果を出すだけだったのですが、最後は休み明けの影響もあったのか余裕がなくなってしまいました。力は感じましたから、キッチリと勝ちたかったです。申し訳ありません」(ルメール騎手)「肉体的な弱さもありますが、競馬へ行くと精神的な脆さを見せる馬なので、いかに落ち着いて臨めるかが大事になると考えていました。それで今回は馬場へ先出しさせていただいて、リラックスしてレースへ挑めるようにしたんです。レースは極端な形で運んだほうがいいだろうと思っていましたし、前へ行けたのは良かったのですが、行ききれなかった分だけちょっと力みもありましたかね。その分なのか、ルメールは息遣いに少し気になったところがあり、距離ももしかしたらあとひとハロン短くてもいいかもしれないと言っていました。行き切れて力まず走ることができれば距離に関してはもう少し融通は利くと思いますが、とりあえずダートにもメドが立ちましたから、何とかうまく勝ち上がらせたいという気持ちでいます。今はレースが終わったばかりなので何とも言えませんし、まずは状態をよく観察してからこのあとをどうするか慎重に検討させてください」(大和田師)初ダートがどう出るかはやってみないとわからない部分もありましたので半信半疑ではありましたが、見る限りでは問題なく対応できたようで良かったと思います。レースへの挑み方をよく考えていただいたこともあり、前回のような悪いリズムになることもなく走ることができました。勝ち切りたかっただけに残念でしたが、メドは立ったと言える内容だったはずですし、限られたチャンスをものにして欲しいと思います。今後については馬の状態を見てからの判断になりますが、過去2戦ともにレース後の反動が大きかったので、優先出走権云々はあるものの、慎重に判断をしていきたいと考えています。

シャンドランジュの走破時計は、未勝利戦を勝つことができるレベルまで来ました。
最後に4着馬に競り勝ったのは成長の証しですね。
ルメール騎手はやはり追えます。

昨年もエクストラぺトルがルメールを鞍上に未勝利脱出を図りました。
エクストラぺトルは、9月の札幌までかかりましたたが、何とか未勝利を脱出しました。

シャンドランジュは、エクストラぺトルに比べると体質に難があります。
ソエが痛み出すと厳しいです。なんとか次で決めたいところです。
ここからの未勝利戦は消耗戦ですから、できるだけ早く抜け出したい。

今回の未勝利戦は結構相手も揃っていました。
次は、函館や福島でレベルが低くなる未勝利戦を探したいところです。
シャンドランジュは、勝ち残れば先々成長する馬だと思います。
体調との戦いになりますが、ルメールを背にして未勝利勝ちを掴み取りたいですね。

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

中京遠征

今年は、2年ぶりに中京競馬場に遠征をしようと計画しています。

ことの始まりは、代理店の展示会で名古屋支店時代にお世話になった営業のHさんが来年で定年するという話しから。

名古屋には2度赴任し、3年+3年の6年間住んでいました。
2度目の赴任は単身でしたから、広島に帰らない週末はHさんと中京競馬場に行っていました。
毎回2人とも負けてばかりでしたが(笑)

お金で苦労しているところしか見たことがないHさん(苦笑)
自己破産寸前まで行ったHさんですから。
Hさんは独身なので老後はかなり心配です。
しかし、去年のヴィクトリアマイルで300万円以上儲けたとのこと。
そこから競馬が絶好調らしいのです(爆)
老後は、競馬の儲けで暮らす?らしいのですよ。
(真面目に働いてくださいよ)

ということで、絶好調馬券師のお手並みを拝見しに行きたいと思います。
家にも泊めてくれるということなので、自分は昼の馬券は少々にして、夜の錦三で久しぶりに弾けたいなと!
いや〜、楽しみ(^_^)
錦三に毎日行っていたころを思い出して、1日だけ弾けるぞ!
3連休に行って、2日だけ弾けようかな!!

ついでに、うちの馬の口取りがしたいけど、中京で勝つ馬はおらんかのう?

アールブリュット 1.46.5

アールブリュット20160611

アールブリュット優勝!!!

6/12  戸田厩舎
12日の東京競馬ではまずまずのスタートを切るも、無理をせずに中団でジックリと脚を溜める。直線では2着馬がしぶとく粘っていたが、最後はしっかりと競り勝ち優勝。「今日は前がそれなりに引っ張る展開でしたから、下手に前を追いかけずにリズム重視でジックリと進めました。いい手応えで直線へ向かえましたし、正直突き抜けるかなと思ったくらいでしたが、2着馬が軽量なうえに、こちらはちょっとジリジリとした脚でヒヤヒヤしましたね。それでも終いはキッチリと交わしてくれたように、ここでは力が違いました。今日はありがとうございました」(福永騎手)「競馬場に着いてからも変にうるさくなることはありませんでしたし、競馬の中でもしっかりと折り合いがついて良かったです。流れも悪くなかったのでどのくらい後続を離してくれるのか考えたほどでしたが、時計が速い中で斤量3キロ減の牡馬がしぶとかったですね。それでもこちらは元々上のクラスで勝ち負けしていた馬で、ここでは地力が違いました。この後についていろいろ考えるのが楽しみですが、暑い時期に走りましたし、まずはしっかりと状態を確認してからどうするか判断していきます。今日はご声援ありがとうございました」(戸田師)2着馬との着差はあまりなかったものの、ここは負けられない一戦でしたし、最後の追い比べでキッチリと先着を果たしてくれました。休み明けを一度叩いて上向いている面があっただけでなく、能力を考えても順当勝ちと言えますが、求めるものも大きくなるだけに今後の成長も必要にはなるでしょう。気温の高い中でしっかりと走りましたから、まずはレース後の状態を確認してから、今後どのようなローテーションを組むか考えていきます。

家に帰って、仕事の休憩時間にエプソムカップ(GⅢ)芝1800mを見ていました。
勝ったのはルージュバック・・・出資しなかったのは今でも悔やんでいます(笑)
勝ちタイムは、1.46.2。
2着馬フルーキーは、1.46.6。
3着馬マイネルミラノも、1.46.6。

アールブリュットのレースも芝1800m。
勝ちタイムは、1.46.5。
2着馬クラウンジーニアスは、1.46.6。

エプソムカップに出てれば2着じゃないですか(笑)
アールブリュットは55キロで、ルージュバックは54キロ。

アールは弱くないかもしれません。
2着のステイゴールド産駒のクラウンジーニアスはダートで負けていましたが、芝に戻っていい走りをしたのかも。
アールは、普通にオープン馬を目指してください(^-^)
うん、今日のタイムは、東京芝1800mのオープンクラスでの平均タイムですしね!!!

※コメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

アールブリュットが優勝しました



アールブリュットが、500万条件を勝ちました。
つくね厩舎としては、2ヶ月ぶりの優勝でした。

ただ、アールブリュットのレース内容は褒められたものではなかったです。
この相手に辛勝ではね。千切って勝つくらいじゃないと。
500万下だからなんとかなったけど、上では通用しないと思いました。
なんとか1000万条件を勝って引退したいですね。

SS系のキレを補完して強い馬を産んで欲しいです。
もう、そんなことを考えないとテンションが上がらなくなってきました。
期待が大きかっただけにね....
プロフィール

まこっちゃん

Author:まこっちゃん
キャロットクラブと東京サラブレッドクラブで一口馬主をしています。

広島生まれの広島育ち。
さいたま市在住。
当然ながら、サンフレッチェ広島と広島カープのファンです。

つくね厩舎代表馬(獲得賞金1億円以上):
カイカヨソウ(南関東SⅠ・3勝)
レッドキングダム(中山大障害JGⅠ優勝)
レッドレイヴン(日本ダービーGⅠ出走)

2010年出走馬成績
着順:0-0-0-0-0-2
2011年出走馬成績
着順:4-7-4-4-3-24
2012年出走馬成績
着順:11-7-5-9-8-32
2013年出走馬成績
着順:10-2-3-3-5-29
2014年出走馬成績
着順:10-8-9-7-8-45
2015年出走馬成績
着順:14-10-9-6-4-41
2016年出資馬出走成績
着順:11-4-10-3-8-43


◎上記は、出走愛馬が勝った場合にクラブより勝利写真が送られてくるレースを対象にしています

2017年出資馬出走成績
着順:3-0-1-2-1-11

1/7 ゼルビーノ 4着
1/7 キスイン 13着
1/7 トータルヒート 8着
1/22 キスイン 15着
1/22 レッドソレイユ 4着
1/29 ゼルビーノ 5着
2/2 エクストラぺトル 1着
2/18 トータルヒート 13着
2/19 メートルダール 1着
2/25 レッドソレイユ 10着
3/12 マイティーゴールド 15着
3/16 フィーユドトネール 1着
3/19 チャームクオーク 6着
3/30 シャンドランジュ 8着※実績算入外
4/1 エクストラぺトル 14着
4/14 フィーユドトネール 6着
4/16 ゼルビーノ 3着
4/17 ヴェルティーチェ 11着
4/22 キスイン 16着

最新記事
カテゴリ
一口馬主DB
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ