イルーシヴグレイス アネモネステークス8着

イルーシヴグレイス20180311

この日は中山競馬場に行って応援していました。
パドックでは写真を撮りつつもメートルダールのレースが気になるという忙しい状況でした(笑)

イルーシヴグレイスは本当に綺麗な馬でした。流石世界的良血馬。
400キロに満たない馬体ですので、まだまだ成長待ちの状態ですが、ゆくゆくはオープンまで上り詰めると確信しています。
堀先生がしっかり対応してくれるので、何にも心配はないですね。
アネモネステークスは8着でしたが、一旦休んで馬体を増やして飛躍の秋を期待したいです。

3/11  堀厩舎
11日の中山競馬では道中中団でリズムを整えるが、勝負どころにかけて徐々に手応えに余裕がなくなってしまい8着。「パワータイプの馬ではないので今日のような緩くてボコボコの馬場は厳しくて、早めに余裕がなくなってしまいました。レース前など歩いている時はあっちを見たり、こっちを見たりと幼いところを出してしまいましたが、それでも道中はまずまず集中していて、こちらの指示にしっかりと従ってくれています。体力的に辛くなった直線でも気持ちを切らさずに走ってくれていますし、そのあたりは厩舎サイドが上手く接してくれているのがよくわかりますね。いい結果を出せず申し訳ありませんが、もう少し体が成長するなり、例え極端に大きさが変わらなくても芯からよりしっかりとしてくれば違いますから、長い目で成長を見守っていただければと思います」(石橋騎手)今日は荒れた馬場状態が味方にならなかった印象ですし、結果的には前に行った2頭が上位に残っているように、展開も楽ではありませんでした。まだ心身に幼さが残る現状も、それでもレースでは最後まで集中して走ってくれたようにいい面もありましたから、適度に経験を重ねながらさらに力をつけていきたいものです。今後はレース後の状態を見た上で検討していきます。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト

イルーシヴグレイスも桜花賞トライアルアネモネステークス出走

イルーシヴグレイス20171217

12月に中京競馬場で未勝利勝ちをしたイルーシヴグレイスも、桜花賞トライアルのアネモネステークスに出走します。
つくね厩舎に縁のない桜花賞。その桜花賞トライアルレースのアネモネステークスに2頭出し。
堀先生の悪くないコメントで楽しみいっぱいです。
是非勝って4月の阪神競馬場に西下したいものです。
3月11日(日)は中山競馬場で生観戦です。楽しみ!!!

3/8 堀厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は美浦坂路で追い切りました(55秒9-41秒3-26秒6-13秒1)。「先週は1週前追い切りをコースで行いましたが、その後の状況に大きな変化はありません。カイバ食いはそれなりの状況で、馬体重は398キロと下げ止まっています。ただ、変わりがないからと言ってやりすぎてはいけませんし、直前は坂路で単走の形で整えるようにしました。動きは悪くなく、普段から気合いを見せています。稽古だけで言えば以前より前向きさが見られるようになっており、着用していたチークピーシーズを外してもいいのではないかと思うほどになっていますよ。それでも、今回の競馬で外すかどうかというのはまだ検討段階です。半信半疑なところも残りますので、そのあたりは当日の気配等を見て判断するつもりです。馬の成長という点ではまだこれからで、芯から良くなってくるのはだいぶ先になりそうですが、態勢は整えられていますので現状でどの程度の走りができるのかを今回のレースで見たいです」(堀師)11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に石橋騎手で出走いたいます。

3/4 堀厩舎
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。

3/1 堀厩舎
2月28日は軽めの調整を行いました。1日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒3-54秒8-39秒9-13秒7)。「先週の半ば、そして週末と坂路で時計を出すようにしましたが、週が明けて昨日計測したところ馬体重は399キロでした。大きな変動こそないものの、ある程度はキープしている状況です。この間に右トモの球節が若干浮腫んだものの大きな問題になるようなものではなく、また歩様も変わりはありませんでした。毛ヅヤや体の張りはまだ物足りなく、カイバはこの馬なりに食べてはいるものの、身になるまでにはなかなか至っていません。それでも、元気があるところを見せるようにはなってきており、普段のキャンターでも行きっぷりは良くなっています。そういう点を見ると放牧による一定のリフレッシュ効果は感じられるかなと見ています。状態を踏まえつつ今週は1週前追い切りとしてコースでの調教を行うことにしました。5ハロンから終いをフルスピードで走らせるようにしたのですが、仕掛けた時の反応に鈍さはあるもののハミがかかってくればまずまずの動きで、息遣いも上々です。これからの季節は牝馬特有の難しい部分が出てくることも想定されますが、何とか精神的に落ち着いた状態を整えて来週の競馬へ向かえるようにしたいと考えています」(堀師)11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に石橋騎手で出走を予定しています。


2/22 堀厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は美浦坂路で追い切りました(55秒8-41秒3-26秒5-13秒2)。「先週入厩してからは状態面を把握するように少しずつ動かしています。ただし、やはりと言いますか体は思うように増えていない状況で、入ってきた時が405キロ、昨日水曜日の計測で398キロでした。週末にも坂路へ入れていますが、今週の時計を出す調教はコースだと負担がかかりすぎてしまうと判断して坂路でじっくりと動かすようにしました。なかなか思うように体が増えてこない現状を見ると、しっかりして来るには時間をかけざるを得ないのでしょうが、まずは今どのくらい走れるのかというのを試す意味でも今開催中に使う方向で考え、調整を進めています。基本的にはアネモネSへ向かうつもりで、あと2週間の様子を見て判断していきます」(堀師)状態次第になりますが、今のところ3月11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に出走を予定しています。

2/14 堀厩舎
14日に美浦トレセンへ帰厩しました。「牧場スタッフと相談をして、ひとまずこのタイミングで美浦トレセンへ入厩させていただきました。健康状態が悪いわけではないので、体とのバランスを見ながら次の競馬へ向けて進めていければと考えています。様子を見つつ明日から動かしていきますが、最短の目標としてアネモネSあたりを使うのか、堅実にコツコツ行くべきか、状況を見つつ判断していきます」(堀師)

2/9 ブルーS
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「継続してゆったりめのキャンターでじわじわと乗ってもらっています。大幅な変化はない状態なのでどう捉えるべきか判断が難しいのですが、ここ数週間の様子では少なくとも悪いほうへ変わっているということはなさそうです。もう少しこのまま様子を見ますが、大きく変わらないということであれば美浦へ連れてきてこちらで改めて探っていくことを考えるかもしれません」(堀師)

1/31 ブルーS
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き、ブルーステーブルでじっくりと調整を行ってもらっています。小柄な牝馬なので馬体への配慮を最大限にしなければいけないので、その点を特に注意して接してもらっていますが、変にカッカしてくるタイプではないんです。イレ込むなど精神状態をあまり表に見せないので、好不調の波の見極めが難しい馬でもありますね。そのため体つきの変化で良化具合を探っていくしかないですから、その見極めにもう少々お時間をいただければと思います」(堀師)

1/25 ブルーS
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「オーバーワークにならないように配慮しながらじっくりと動かしてもらっているのですが、もうしばらく時間が必要そうな状況に変わりありません。カイバを食べられるようにはなっているようなのですが、どうも食べた分が思うように実になっていない状況です。メンタルは悪くないものの、クラスが上がりますからそのあたりもできるだけ整えたうえでレースへ向かえるようにしたいですね」(堀師)

1/18 ブルーS
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「当初は年が明けたタイミングくらいで帰厩させることを考えていたのですが、もう少し調整期間はあったほうが良さそうですので継続して牧場で調整をしてもらっています。そのためまだハッキリとした予定を決められていませんが、現状では暖かくなる頃の競馬をイメージしています」(堀師)

1/11 ブルーS
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「ゆったりと体を動かしつつ回復を図ってもらっていますが、カイバ食いは一時に比べるとだいぶ戻ってきているようです。しかし、理想を言えばもう少し体が伴ってきてほしい状態ということですね。スローではあるものの今のところ良い方向へ進んでいるので、もう少しこのまま様子を見つつ調整をしてもらおうと考えています」(堀師)

12/22 ブルーS
22日にブルーステーブルへ放牧に出ました。

12/21 堀厩舎
20日、21日は軽めの調整を行いました。「先週は懸念していた馬体減はありましたが、無事に力を発揮して結果を残してくれたので良かったです。レース後こちらに帰ってきて様子を見ていますが、左トモの球節にムクミが出ていました。そのためよく確認するようにしていますが、どうも小さな傷があった影響のようで、大ごとではなさそうです。両トモに多少緩さがあるかなと感じるくらいで、レースを経て大きな傷みはなさそうです。それでも、さすがに脚元のこと、そして馬体重は394キロと減ってしまっていることから続戦というのは得策でないだろうと考えています。無事に勝ち上がってくれましたので今のところはいったんお休みにしようと考えていますが、いきなりしがらきへの輸送となると馬にとっては苦しいかもしれません。この後の様子を見てからになりますが、今のところ近場の牧場へ出そうかと考えています。おそらく前者になると思いますが、近場で体調を整えてからしがらきへ送るか、体の回復具合を見てまたこちらに戻すのかを検討していくつもりです」(堀師)


※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

イルーシヴグレイスが美浦堀厩舎に入厩しました

イルーシヴグレース 20170627

6月が会社の決算なので、かなり忙しかったです。久しぶりのお休みでホッとしましたが、知らぬ間に7月になっていました(笑)
激動の6月をなんとか乗り切れました。7月も前半は忙しいので、それを乗り切ったら1週間まとめて休んで北海道に行こうと思います。

イルーシヴグレイスが美浦堀厩舎に入厩しました。
つくね厩舎2歳馬3頭で最初に本州に移動になりましたが、入厩は最後になりました。まずはゲート試験合格を目指すことになりますね。ゲート試験後にそのままデビューか再放牧かわかりませんが、順調なでの近い将来デビューできるでしょう。デビュー戦は現地観戦したいです。


7/1 堀厩舎
1日に美浦トレセン・堀宣行厩舎へ入厩しました。

6/27 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き終い15秒の調教を週に3回ほど続けてきて、体調も変わりなく順調に調整できています。厩舎サイドともそろそろ一度入厩させてゲート試験まで進めてみてもいいのではないかという話をしているところで、いつ声が掛かってもいいようにしっかりと準備をしていきたいと考えています。馬体重は438キロです」(NFしがらき担当者)

6/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週とほぼ同じメニューを続けています。まだ成長途上で本格的に良くなるのは先だと思いますが、現状でもセンスを感じる動きは見せてくれていますし、ここまでは順調そのものです。体調も変わりなくいいですし、厩舎サイドと移動時期について話をしながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路ではハロン18秒から終いを15秒まで伸ばす調教を週に4回ほど取り入れ、少しずつ体の使い方を覚えさせているところです。いかにも牝馬らしいピリッとしたところはありますが、乗り手を困らせるようなことはありませんし、ここまではいい調整ができていると感じます。具体的な移動予定は決まっていませんが、まずは順調に来ていますのでこのまま進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、坂路ではハロン18秒程度の軽いキャンターから終いを伸ばす調教をコンスタントに行っています。普段の仕草には子供っぽいところもあってまだまだ幼いなと感じるのですが、走らせるといいフットワークでさすがと思わせますし、焦らずに成長を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)

5/30 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。今はハロン18秒ぐらいでスタートし終い15秒まで上げていく調教を取り入れているのですが、このぐらいのペースなら余裕を持って走れていますね。もうしばらくはこちらで基礎的な力をつけていく予定ですから、この後もしっかり乗り込んでいきます。馬体重は434キロです」(NFしがらき担当者)

5/23 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き坂路では軽いペースから終いを伸ばすような調教を週に3、4回は取り入れています。まだ基礎的な力をつけている段階で、普段の様子も子供っぽい感じはしますが、身のこなしなどはさすが良血と思わせてくれますよ。この後も焦らずじっくりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

5/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路でジワッと終いにかけて伸ばすような調教も取り入れています。移動当初は多少硬さを感じていましたが、じっくりと乗りながらフットワークが大きくなってきたように思います。徐々に良くなってきているところですから、この後も焦らずじっくり下地を造っていきたいですね」(NFしがらき担当者)

5/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「軽く動かしつつも特に問題はなく順調に調整できていますし、先週後半からは坂路で普通キャンターまで進めています。ここまでは順調ですが、まだ全体的に幼さもありますので、もう少しこちらで乗り込んでいきたいと考えています」(NFしがらき担当者)

5/2 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「こちらに到着後は軽めに動かしつつ馬体のチェックを行ってきましたが、輸送の疲れなどもないので、週明けから周回コースと坂路で軽いキャンター調整を開始しています。まだ乗り出して間もないですし、ゆったりと動かしながら徐々にペースを上げていければと思います」(NFしがらき担当者)

4/28 NFしがらき
28日にNFしがらきへ移動しました。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

イルーシヴグレイスが本州移動

キャロットクラブのHPでイルーシヴグレイス本州移動が発表されました。
今日は、本屋によって月間優駿と馬トクPOGを買いました。その前には、POG虎の巻を買っていました。
自分はそんなにPOGが好きではないのですが、フラットレーとイルーシヴグレイスの記事を読みたいので買ってしまっています。親馬鹿ですね(笑)
イルーシヴグレイスは早熟血統で1月生まれ。少しでもデビューが早いことが望まれます。堀厩舎御用達のノーザンファームしがらきでしっかり走りを磨き、夏競馬でデビューできることを楽しみにしたいと思います。とはいえ、秋デビューでもなんでも、年内にデビューできれば全然OK!!!
これからは、毎週の更新が楽しみになります。

イルーシヴウェーヴ15 20170331

4/26 NF天栄
26日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「ここまで順調に負荷をかけることができていましたので、いったん本州へ移動した上で入厩に向けた態勢を整えていこうという話になりました。こちらではある程度乗り込んでいても問題なく対応してくれましたし、移動後もスムーズに進めていきたいですね」(空港担当者)

4/14 NF空港
馬体重:426kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。調教の動きを見ていると以前より楽にこなせている印象があり、実際にしっかりした走りが可能になってきています。見た目にも逞しさが増してきていますので、この調子で日々のメニューを進め、更なる上積みを求めていければと思います。

3/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。馬体重は微増にとどまっていますが、見た目には上にも前後にも成長を見せています。腹袋もしっかりあって逞しさが増していますし、今後も成長を阻害しないようにじっくり負荷をかけていければと考えています。

3/15 NF空港
馬体重:423kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。調教時の動きには以前にも増して素軽さがあり、楽にこなせるようになってきていますが、成長途上をいうことを考慮して様子を見ながら進めています。今後もしっかりした土台を築くことを念頭に良好な成長へと結び付けていければと思います。

2/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。馬体重は少しずつ増えてきていますが、見た目はその数値以上に逞しさを増してきた印象を受けます。春を迎える頃には更に変わってきそうな雰囲気がありますので、成長を阻害しないようにこのまま乗り込みを重ねていければと考えています。

2/15 NF空港
馬体重:419kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。ハロン17秒ペースにも慣れてきたので、終いにハロン16秒ペースを取り入れるなど少しずつ負荷をかけていますが、楽な動きでメニューをこなしてくれています。今後も馬体の成長を促しながら調教を継続することで更に良い状態にしていければと思います。

1/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。以前よりも坂路コースでの走りには力強さが出てきており、楽な手応えで登坂することができています。徐々にハロンペースを速めていますが、しっかり対応できていますので、今後も状態を見ながら日々進めていければと考えています。

1/13 NF空港
馬体重:405kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。馬体重に大きな変化はありませんが、腹袋がフックラするなど、見た目にも大きくなってきていることが感じられます。今後も馬体の成長を促しながら、坂路コースでの調教をメインに更に良い状態に持っていければと思います。

12/22 NF空港
馬体重:411kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。以前と比べて、馬体にボリュームが出てきたことで逞しさが増した印象を受けます。実際の馬体重よりも見た目の方が大きく感じさせる状態で、今後も坂路コースでの調整をメインに鍛えていくことで良化につなげていければと思います。

11/30 NF空港
馬体重:409kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで2本登坂しています。硬さは徐々に解れてきており、最近ではしっかりとした乗り味へと変わってきました。体高も伸びて、全体的にボリュームも増してきた印象を受けますので、この調子で成長を促しながら進めていければと考えています。

10/31 NF空港
馬体重:411kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで2本登坂しています。初めて跨った時の印象はやや硬く、上に飛んでいく感じでしたが、乗り込んでいく中で前に出てしっかり走れるようになってきています。徐々に坂路に入れる頻度を増やしていき、しっかりとした土台を築いていければと思います。

9/30 NF空港
馬体重:415kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を終えて、ロンギ場でフラットワークを開始しており、併せて調教場での馬場見せも行っています。空港牧場へ移動前の放牧地では他のどの馬よりも活発に動き回っており、豊富な運動量を自身で確保していました。やや小さな印象だった馬体も、ひと夏を越したことで一気に充実してきた印象を受けます。

9/16 NF空港
16日にNF空港へ移動しました。

8/25 ノーザンファームYearling
馬体重:407kg 
体高:151.0cm 
胸囲:170.5cm 
管囲:19.1cm 
予定育成牧場:NF空港

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

イルーシヴウェーヴ15は相変わらず可愛い馬です

イルーシヴウェーヴ15 20170118

1/13  NF空港
馬体重:405kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。馬体重に大きな変化はありませんが、腹袋がフックラするなど、見た目にも大きくなってきていることが感じられます。今後も馬体の成長を促しながら、坂路コースでの調教をメインに更に良い状態に持っていければと思います。


イルーシヴウェーヴ15は馬体重は増えてきませんが、坂路で17-17ができていれば問題ないです。相変わらず可愛いし(笑)見学時に担当の人から450キロにはなるはずって聞きました。でも、430キロでレースに出れれば十分だと思います。うちの厩舎で初のディープ牝馬。なんとかうちが縁の無い牝馬クラシック路線に乗ってほしいな。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
プロフィール

まこっちゃん

Author:まこっちゃん
キャロットクラブと東京サラブレッドクラブで一口馬主をしています。

広島生まれの広島育ち。
さいたま市在住。
当然ながら、サンフレッチェ広島と広島カープのファンです。

つくね厩舎代表馬(獲得賞金1億円以上):
カイカヨソウ(南関東SⅠ・3勝)
レッドキングダム(中山大障害JGⅠ優勝)
レッドレイヴン(日本ダービーGⅠ出走)

2010年出走馬成績
着順:0-0-0-0-0-2
2011年出走馬成績
着順:4-7-4-4-3-24
2012年出走馬成績
着順:11-7-5-9-8-32
2013年出走馬成績
着順:10-2-3-3-5-29
2014年出走馬成績
着順:10-8-9-7-8-45
2015年出走馬成績
着順:14-10-9-6-4-41
2016年出資馬出走成績
着順:11-4-10-3-8-43
2017年出資馬出走成績
着順:11-2-5-6-4-31


◎上記は、出走愛馬が勝った場合にクラブより勝利写真が送られてくるレースを対象にしています

2018年出資馬出走成績
着順:1-3-0-3-0-16

1/7 マイティーゴールド 4着
1/8 チャームクォーク 12着
1/21 マイティーゴールド 8着
2/4 ジェードグリーン 13着
2/17 フラットレー 8着
3/11 メートルダール 8着
3/11 イルーシヴグレイス 8着
3/11 アングレーム 10着
3/12 フィーユトドネール 2着
3/24 チャームクォーク 14着
4/1 ジェードグリーン 6着
4/1 メートルダール 10着
4/7 マイティーゴールド 9着
4/19 ヴェルティーチェ 13着
4/21 フラットレー 6着
5/3 フィーユドトネール 2着
5/19 チャームクオーク 9着
5/24 ヴェルティーチェ 12着
5/28 フィーユドトネール 1着
6/2 アングレーム 7着
6/16 イルーシヴグレイス 4着
6/21 フィーユドトネール 2着
7/18 フィーユドトネール 4着

最新記事
カテゴリ
一口馬主DB
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ