アングレーム アネモネステークス10着

アングレーム20180311

アングレームには密かに期待していたんですが、10着と思わぬ大敗をしました。
でも、安価な募集価格だったアングレームなので、十分楽しめているだけでも元取りですけどね。
わくわくした気持ちでレースに向かえただけでもとてもありがたかったです。
この後はしばらく成長を即すための放牧だと思います。
ハービンジャー産駒得意の洋芝で走ってほしいので、函館開催を狙ってほしいです。

3/11 矢野厩舎
11日の中山競馬ではまずまずのスタートから道中中団を追走。好位で直線を迎えるが、最後は前を捉えるだけの余力はなく10着。「勝ち馬の直後のポジションで運べたように良いセンスを持っている馬です。上手く捌くことができればチャンスがあると見ていましたが、最後は苦しくなってしまいましたね。デビュー戦の時はいい意味でボケーっとしたところがあったのですが、今日はレース前から気持ちが入っていました。良いものを持っている馬なので、体はもちろん、精神的な部分でもう少し成長を見せてくれれば変わってくると思います」(江田照騎手)「デビュー勝ちを収めた条件でしたし、何とか上位に食い込みたかったのですが、勝負どころでジリジリと上がって行けたものの、そこから勝ち馬らに離されてしまいましたね…。結果を考えると悔しい限りですが、心身共に今後の成長も必要と思える内容でしたし、適度に経験を重ねて鍛練していきたいです。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんでした」(矢野師)先へ向けて好走を期待しましたが、前走のような精神状態で挑むことはできず、力を出し切れなかった格好です。競馬ではセンスの良さを見せていますが、結果を踏まえるとまだ心身ともに成長が必要なのかもしれません。今後はレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
スポンサーサイト

アングレームは桜花賞トライアルアネモネステークス出走

アングレーム20171217②

12月に新馬勝ちしたアングレームが、桜花賞トライアルのアネモネステークスに出走します。
つくね厩舎に縁のない桜花賞。その桜花賞トライアルレースのアネモネステークス。
鞍上は楽しみなコメントを出してくれている江田照騎手。
是非勝って4月の阪神競馬場に西下したいものです。
3月11日(日)は中山競馬場で生観戦です。楽しみ!!!

3/8  矢野厩舎
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に江田照騎手で出走いたします。

3/7  矢野厩舎
7日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒6-39秒9-13秒4)。「先週、決して無理していない追い切りだったのですが、強い調教を求めたことで馬が察してしまい、その日は一気にカイバに口をつけなくなってしまいました。時間が経って少しずつ回復してきたのですが、それでもバリッとは食べられていません。それなので週末はあまり無理しないようにしようと思い速い時計は控えました。そうすることでようやくなんとか食べるようになってきたかなという状況ですので、今朝再び追い切ることにしたんです。江田を乗せて角馬場に入れたのですが、その時にカリカリするようなら単走に、大丈夫そうであれば併せでやろうと考えて、結果後者を選択しました。ただ、併せたといっても相手もそこまでビッシリとは行かなかったのでオーバーワークにはなっていません。動きは相変わらず良いので、あとは如何にこの後の状態を保てるかにかかっているでしょうね。おそらく今日のカイバはそれほど食べてくれないと思うので、競馬までに何とか食べてくれるようになってくれたらいいですね。体は天栄でふっくらさせてくれたのですが、そのような状況なのでおそらく同じくらいか、その前後くらいになるような気がします」(矢野師)11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に江田照騎手で出走を予定しています。

3/4  矢野厩舎
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。

3/1 矢野厩舎
2月28日は軽めの調整を行いました。1日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒3-53秒2-38秒7-13秒2)。「先週帰ってきました。天栄で調整してもらっていましたが、この馬の体質を考慮したうえで他の馬より少しソフトな形で乗り込んでもらっていたようで、帰厩前に天栄で見てきた時、そして帰厩後の様子を見ても、体が程よくふっくらしていていいなと思える状態です。若干コツコツした感じはありますが、それでもトータルで見るといいなと思えますから、このまま仕上げていくことでアネモネSへ向かえればと考えています。こちらでもハードに攻め込むことはしないでおこうかなと考えていますが、今日は長めから追い切りを行いました。江田を背にしてスタンド前の入り口からウッドチップコースに入り、前半はゆっくり入って徐々にラップを上げていくような形。じわっと仕掛けていくとしっかりと動けていましたね。今日は雨の影響で馬場はそれなりに重かったはずですが、苦にせず走れていたことにも好感が持てますね。いいと思いますよ。カイバの食いは相変わらずですが、時間をかければ食べてくれていますので、何とか保っていい状態へ送り出せるようにしていきます」(矢野師)「今日の調教に乗せていただきました。角馬場でのハッキングでじっくり体を解してから追い切りへ移行したのですが、ハッキングの段階から背中の柔らか味があって良かったですよ。また、それが速いところへ行っても活かされています。軽い時はいいけど、速いところへ行くとその良さが感じられない馬はよくいるのですが、この馬はリンクしていて良さを感じさせます。ペースを上げていったときの走りもしっかりとしたもので、左右差もそこまで感じませんし、ちょっとカッとはするけどスッと収まってコントロールも利きます。肉体的にも精神的にもあまり追い込まない方がいいタイプとは思いますから、来週のレースへも良い意味で程よい余裕のある状態で向かうことになるのでしょうが、将来を考えるとそれでいいと思うんです。今の状況でどのくらいやれるのか、とても楽しみです」(江田照騎手)11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に江田照騎手で出走を予定しています。

2/24 矢野厩舎
23日に美浦トレセンへ帰厩しました。

2/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「順調に乗り込むことができており、今朝もある程度しっかりと動かしました。今朝来場された矢野調教師にも調教を見てもらっていますので、あとはこのまま無事に美浦へ引き継げたらと思っています」(天栄担当者)

2/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「馬体のケアを入念に行いながらも調整を進めてきて、今朝は坂路で3ハロン40秒くらいの時計を出しています。先週調教師と話をしたところ、最短でアネモネSあたりを考えていきたいということでしたので、そろそろ移動の話も出てくるでしょう。このあとは入厩に備えて体調をしっかりと整えていくようにします」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「背腰がウィークポイントで入念にケアをしていく必要があり、連戦できるようになるにはもう少し時間が必要かなと思いますが、とりあえず今のところは順調に来ていて春競馬を目指すことはできそうですよ。継続して乗っていますが、もう少し経ったら送り出せる状態になってくると思います」(天栄担当者)

1/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も休みなく乗り込んでおり、日によっては坂路に入り、今は14-14をベースにして乗っています。しっかりと乗れていていいなと思える状態です。あとは中山開催あたりを見ながら、今後の具体的なプランを調教師と相談していければと考えています。馬体重は454キロです」(天栄担当者)


1/23 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「乗り出し後に不安が出ることはなく、順調に調整を進められています。現在は登坂時にハロン14秒くらいのキャンターで動かしていますよ。背腰を中心に体はそこまで強いタイプではないので使い込むこと自体は難しいと思いますが、一戦一戦を大事に競馬を使って、そして良い結果につなげていきたいですね」(天栄担当者)

1/16 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週の時点ですでに乗り出していましたが、その後の様子も変わりないので少しずつ進めていこうとしているところです。まだ本格的に乗るまでには至っていませんが、週に1本くらいの頻度で速いところを取り入れるなどしていきたいです」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「見事に新馬勝ちを収めて帰ってきてくれました。続戦というプランもあったようなのですが、デビューまでの経緯を考えると体質的な面でちょっと息抜きさせてあげられればよりいいのではないかなと思っていたので放牧に出してもらえてよかったです。移動直後は背腰の疲れがきつく感じられましたが、だいぶ持ち直してきまして、現在は乗り出せています。まだ軽めのメニューなのでじっくりと動かしていき、コンディションを見ながら少しずつ上げていければと考えています」(天栄担当者)

12/23 NF天栄
「乗り出して様子を探っていましたが、特段大きな不安はありませんでした。ただし、以前より良くはなっているものの硬さが出やすい馬です。今が大丈夫だからと言ってそのまま押して使った結果、その後にガタッと来て長い期間のお休みが必要になってきてしまうかもしれません。そういったことを考えても回は予防の意味も込めてひと息入れることにしました」(矢野師)23日にNF天栄へ放牧に出ました。

12/20 矢野厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。鮮やかな勝ち方でしたが、走った分だけガタッと来るのではないかと心配して、しっかりと状態の確認をしているところです。幸い、運動の様子だけではそこまで変わりはないのかなと思えます。カイバも食べることができていますよ。ただ、まだ乗っていません。人が跨った状態で少し動かしてみて、それでどうかというのを確認してから今後の方針を決めさせていただければと思っています。現状は2択で考えていて、このまま残して1回中山の牝馬限定戦を使うか、放牧を挟んでアネモネSなど2回中山開催のレースを目指していくかになるでしょう」(矢野師)



※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。

アングレームが美浦矢野厩舎に入厩しました

アングレーム20170609

今年になって出資したアングレームが予想もしなかった早期入厩をしました。
つくね厩舎2歳愛馬3頭のうち2頭(フラットレーとアングレーム)が入厩しました。
一番最初に本州に移動していたイルーシヴグレイスが入厩していないですが、3頭とも順調です。

6/17 矢野厩舎
17日に美浦トレセン・矢野英一厩舎へ入厩しました。

6/15 NF天栄
15日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て美浦トレセンへ入厩する予定です。「ここ最近は動き、手応え共に良く、本日無事に本州へ向けて出発しています。少し乗り難しい面はありますが、坂路では歩幅の大きいストライドで走れているだけに、体を維持して進めることができれば楽しみな馬だと思います。まずはゲート合格を目標に進めてもらいたいですね」(空港担当者)

5/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。乗り込むにつれてテンションが上がってきていますが、調教を進めるにあたって問題になるようなことはなく、現状で許容範囲と言えるでしょう。少しずつ体を使って走ることができるようになっており、カイバ食いが安定している点も好印象です。

5/15 NF空港
馬体重:458kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。まだトモには緩さが残りますが、徐々に全身を大きく使って走ることができるようになってきました。乗り込んでいるとテンションが上がりやすいタイプだけに、今後は更に負荷がかかった時にカイバ食いが上がらないかをよく見ていければと思います。

4/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。少し敏感な面を見せることもありますが落ち着きはあり、オンとオフの区別は徐々にできるようになってきています。以前より体を使った走りが可能になってきていますが、トモにはまだ力強さに欠ける部分があるので、成長を促しつつ進めていければと思います。

4/14 NF空港
馬体重:461kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。乗り運動を継続していますが、無駄にテンションが上がることはなく、乗り手の指示にもしっかり従ってくれています。乗り込んできた分、走りには着実に力強さが加わってきていますので、この調子で上積みを求めていければと考えています。

3/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。程よく前向きなタイプということもあって、安定してハミを取ることができており、自在性が良く乗りやすい馬です。ただし、ペースが上がって負荷がかかっているのは間違いないので、今後はテンションにも気を付けながら進めていければと思います。

3/15 NF空港
馬体重:453kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。変わりなくハロン17秒ペースで乗り込んでいますが、コンディションは変わらず上々です。ここまであまり堪える面を見せることはありませんでしたが、疲れの蓄積による変化等にはよく気を付けながら進めていければと思います。

2/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。人の指示に従順でとても物分かりの良い馬ということもあり、乗りやすいタイプと言えます。ペースアップを図っていますが、現状ではしっかり対応できていますので、今後も更なる良化を促せるよう日々のトレーニングで強化を図っていきたいところです。

2/15 NF空港
馬体重:448kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。カイバ食いも良く、体調面は安定しています。普段から落ち着きがあり、手のかからない馬ではありますが、その分毎日馬をしっかり観察し、些細な変化も見逃さないように注意しながら進めていければと思います。

1/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。この中間も同様のペースで乗り進めていますが、体調面やカイバ食いに不安はありません。今のところ、変にテンションが上がることもありませんので、今後も現状を維持しつつ心身の良化に努めていければと思います。

1/13 NF空港
馬体重:448kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。順調に日々の調整を進めることができているので、日が経つにつれて調教での動きやフォーム、そして馬体は良化を見せてくれそうです。気持ちが入り過ぎることはなく、乗り手の指示にも従順ですし、この調子で良化につなげていければと思います。

12/22 NF空港
馬体重:440kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。坂路コースでは気持ちの入った前向きな走りを披露できていますが、周回コースではまだ体を使い切れておらず、ぎこちない走りになってしまいます。まだ幼さの残るアンバランスな馬体でトモにも緩さが感じられますので、焦らず成長を促していければと思います。

11/30 NF空港
馬体重:437kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで1本登坂しています。性格は少し敏感ではありますが、気難しいところはなく、馴致もしっかりこなすことができました。まだ幼い馬体をしているので変わってくるのは先と見ていますが、ここまで乗り込む中で感じた印象から芝・ダートどちらでもいい走りをしてくれそうです。

10/31 NF空港
馬体重:451kg 
NF空港へ移動するまでは順調に日中放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を開始しており、ブレーキングを行っています。カイバ食いは良好で、ここまで心身共に順調に成長してくれているのがしっかり感じられます。多少、気の強い部分はありますが、人間に反抗的ということはなく、今後の騎乗馴致も滞りなく進めていくことができるのではと考えています。

10/7 NF空港
7日にNF空港へ移動しました。

9/30 NFイヤリング
馬体重:436kg 
現在はNF空港への移動に備えて夜間放牧を行っています。ここまで特に大きな問題もなく、順調に過ごすことができています。継続的な放牧の効果で徐々に馬体はしっかりしてきたので、少しずつ鞍付けなどの初期馴致もこなしていければと思います。洗い場での馴致はスムーズに対応できていますし、このまま育成場へ送り出せるように今後も取り組んでいければと考えています。

8/25 ノーザンファームYearling
馬体重:421kg 
体高:153.0cm 
胸囲:184.5cm 
管囲:19.4cm 
予定育成牧場:NF空港

3頭出資という少数精鋭のドラフトjは2010年産駒のカイカヨソウ・レッドレイヴン・パーフェクトスコア以来です。
2010年産駒3頭は、3頭とも新馬戦勝ちをしました。
2014年産駒3頭にはそれ以上の期待をしたいです。

※写真及びコメントは、キャロットクラブ様の許可を得て転載しています。
プロフィール

まこっちゃん

Author:まこっちゃん
キャロットクラブと東京サラブレッドクラブで一口馬主をしています。

広島生まれの広島育ち。
さいたま市在住。
当然ながら、サンフレッチェ広島と広島カープのファンです。

つくね厩舎代表馬(獲得賞金1億円以上):
カイカヨソウ(南関東SⅠ・3勝)
レッドキングダム(中山大障害JGⅠ優勝)
レッドレイヴン(日本ダービーGⅠ出走)

2010年出走馬成績
着順:0-0-0-0-0-2
2011年出走馬成績
着順:4-7-4-4-3-24
2012年出走馬成績
着順:11-7-5-9-8-32
2013年出走馬成績
着順:10-2-3-3-5-29
2014年出走馬成績
着順:10-8-9-7-8-45
2015年出走馬成績
着順:14-10-9-6-4-41
2016年出資馬出走成績
着順:11-4-10-3-8-43
2017年出資馬出走成績
着順:11-2-5-6-4-31


◎上記は、出走愛馬が勝った場合にクラブより勝利写真が送られてくるレースを対象にしています

2018年出資馬出走成績
着順:1-3-0-3-0-16

1/7 マイティーゴールド 4着
1/8 チャームクォーク 12着
1/21 マイティーゴールド 8着
2/4 ジェードグリーン 13着
2/17 フラットレー 8着
3/11 メートルダール 8着
3/11 イルーシヴグレイス 8着
3/11 アングレーム 10着
3/12 フィーユトドネール 2着
3/24 チャームクォーク 14着
4/1 ジェードグリーン 6着
4/1 メートルダール 10着
4/7 マイティーゴールド 9着
4/19 ヴェルティーチェ 13着
4/21 フラットレー 6着
5/3 フィーユドトネール 2着
5/19 チャームクオーク 9着
5/24 ヴェルティーチェ 12着
5/28 フィーユドトネール 1着
6/2 アングレーム 7着
6/16 イルーシヴグレイス 4着
6/21 フィーユドトネール 2着
7/18 フィーユドトネール 4着

最新記事
カテゴリ
一口馬主DB
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ