ジェードグリーンがまずいことになりました
ジェードグリーン201608132

レース前:
1/31  栗田徹厩舎
31日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒7-54秒6-40秒4-13秒3)。「先週に引き続き、今朝も和真を背にしてウッドチップコースに入り、追い切りを行いました。今回も左右のバランスをよく確認しながら伸ばしてもらいましたが、モタれはなく最後まで余力のある伸びを見せてくれましたね。動きもそうですが、普段の雰囲気もいいですよ。それに体の張り感は相変わらずいいので、好調を維持できています。来週にも同様の番組はありますが、今週末の競馬は週末にかけての雪予報でどうなるかわからないくらいですし、その先もこの時期なので何があるかわかりません。そう考えると変に先延ばしするのはどうかと思いますし、何よりいい状態の時にレースへ向かわせてあげたいので、よほどのことがなければ今週の競馬へ向かわせてください。当初はルメールに乗ってもらえるように動いていたのですが、残念ながら騎乗停止になってしまいました。急遽代役を探したところ、この馬のことをよく分かっている脩が空いていたのはラッキーでした。以前との比較もしやすいでしょうから、彼とのコンビで今週向かうつもりです」(栗田徹師)2月4日の東京競馬(4歳上500万下・芝1800m)に石橋騎手で出走を予定しています。

レース後:
2/4  栗田徹厩舎
4日の東京競馬では中団後方の外を追走する形になる。直線へ向いて追い上げを開始しようとしたが思うような反応が見られず13着。「馬の雰囲気は良かったです。体が良くなっていてこれならと思えたのですが、返し馬へ行くとぽわんとしていたんですよね。アレ?と思ったのですが、競馬へ行けば違うだろうとも思ってもいました。しかし、レースへ行ってももうひとつでしたね…。流れが落ち着き、ポジションからして勝つまでを求めることは難しくなってしまったのですが、あの形でも少なくとも掲示板に載るだけの力はあるはずです。しかし、追い出してからもスイッチが切り替わらなくて…。この馬らしいところが見られませんでした。う~ん、雰囲気は悪くないと思うのですが…。耳を絞ってやめることはなかったので気の悪さを見せたわけではないのですが、気持ちが入ってくるのに少し時間が必要なのかもしれません。具合がいいと聞いていたので楽しみにしていたのですが、いい結果を出せず申し訳ありません」(石橋騎手)「中間だけでなく、競馬場に来てからの雰囲気も良かったんですけれどね…。これまでは変にイレ込んで発汗が目立つことも多かったのですが、今回は落ち着きがありました。体の張りが良く、パドックでは他の人たちにも“良くなっているね”と声をかけられたくらいでしたし、普段から扱っている人間も、落ち着きが出て扱いやすくなり良い状態へ持っていけたという話をしていたんです。しかし、いざレースへ行き、勝負どころで追われるとピリッとしないままになってしまいました。前が流れない展開で外4頭目あたりをずっと走らされる形になりましたから、終始ダラダラと脚を使ってしまったこともあると思いますが、それでもという思いがあります。そのままなだれ込むならまだ良いのですが、後ろから差されていますからね…。良いと思っていましたが、今日の走りを見ると気持ちの面で競馬へ向かっていけるようになるには時間が必要ということなのかもしれません。去勢明けでもそれなりの走りをして今後につなげられるようになればと期待をしていたのですが、思うような結果にならず申し訳ありません」(栗田徹師)天栄、美浦ともに中間の気配がとても良く、これならば良い走りができるのかもしれないと思っていました。しかし、いざレースへ行ってみると大人しすぎたのかスイッチがオンに切り替わらないまま終わってしまった印象です。ジョッキーの話からすると耳を絞って反抗するような面を見せることはなかったものの、状態が良かっただけに首を傾げたくなる思いです。去勢の効果が出てくるには時間が必要という話もありますが、本馬においても同様のことが言えるのかもしれません。楽しみにしていただけショックは大きいですが時間をかけて復調させていければと思っています。


まずいですね、これは。
ジェードグリーンはどうしてなのかわかりませんが、騙馬になってしまいました。
この判断の責任は、厩舎・ノーザンファーム・キャロットクラブのどこにあるかはわかりません。
これから効果がでるのかもしれませんが、今日のところは効果は見られないばかりか闘争心がなくなってしまった可能性すらあります。
去勢をしなくても1000万下を勝てる時計で走っていただけに、まずいですね。
どう立て直すのか。
もしこのままだったら、、、まずいよね。。。
スポンサーサイト
[2018/02/04 22:42] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つくね厩舎2018年1月出走終了
つくね厩舎の2018年1月の出走は3走で終了しました。
JRA所属馬7頭と地方馬2頭の9頭ではなかなか出走は増えそうにありません。

1月の成績は、
マイティーゴールドが、4着と8着。
チャームクォークが、12着。

うーん、ダメでしたね。
1月はカメラを買ったので、嬉しくてマイティーゴールドの写真を撮りました(笑)
カメラで愛馬を撮るのは楽しいですね。
これからは、より競馬場に行く楽しみが増えました。

2月の出走想定は、
ジェードグリーンが東京4歳500万下芝1800。
フラットレーが東京3歳500万下芝1600。
の2戦かな?
この2頭は勝ちたいですね。

3月の出走想定は、
メートルダールが中京・金鯱賞(G2)。
アングレームが中山・アネモネステークス(桜花賞トライアル・オープン)。
イルーシヴグレイスがレースは不明だが出走してほしい。
フィーユドトネールが南関どこかで。この仔は転厩をしてほしい。蹄をあんなにした川島厩舎には戻してほしくない。
の4戦か、ジェードグリーンかフラットレーが出て5戦か?
[2018/01/22 22:14] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レッドレイヴン 引退
レッドレイヴン 18.01.11 : 引退

本馬は12月17日の中山競馬に出走し9着での入線。レース後はミホ分場へ移動し、体調を確認しながら次走へ向けて調整を開始しましたが、レースから日数が経過して蓄積していた疲労が表に出てきた様子。心配していたトモには疲労からくるダメージが確認され歩様が悪く、喉の状態も芳しくなくマシン運動から先に進めることができない状況です。『年齢的なものもあり、トモの状態を含めコンディションの回復には時間が必要』との獣医師の見解を受け本馬の今後について関係者間で協議を行いました結果、残念ではございますがここで引退との結論に至りました。出資会員の皆様には、追って書面にて詳細をご報告いたします。長い間、レッドレイヴン号にご声援いただき、ありがとうございました。

藤澤調教師「キーンランドのセリで出会ってから今日まで、本当によく頑張ってくれました。トモに弱さのある馬で、使いたい時に思うように使うことができなかったりと会員の皆様にもご迷惑をおかけしましたし、獲らせないといけなかった重賞タイトルを獲らせてあげられなかったことが悔やまれます。この後は北海道の乗馬クラブに送り出しますので、疲れを癒してまた彼のペースで頑張ってくれればと思っています」

つくね厩舎初期のエースでトモが弱弱問題児だったレッドレイヴンが引退になりました。
この事実を知ったとき、自分はインフルエンザで苦しんでいました。
ただ、体調が戻ったので、レッドレイヴンについてブログに思いを載せておこうと思いました。

実はレッドレイヴンは、

12.11.17 (土) 東京 東京スポーツ杯2歳S 芝1800 1.46.3 2着

2017年の東京スポーツ杯2歳S勝ち馬ワグネリアンが1.46.6ですから、レッドレイヴンのほうが早いです。
ワグネリアンよりも強いとは言いませんが、時計はうそをつかないので、2歳時のレッドレイヴンは速い馬でした。
これで重賞未勝利で終わるとは夢にも思いませんでした。
GⅠは無理だとして、GⅡ・GⅢで勝てないとは・・・

今思うと(途中から薄々気づきましたが)、本当に種牡馬になるくらい強ければ、社台FかノーザンFがバックアップしてくれていたでしょうね。
社台FもノーザンFもレイヴンに対してはスルーでしたから、血統背景には興味なかったのでしょう。
そうであれば、藤沢厩舎の対応でなんとかするしかなかったのでしょうし、この成績で終わったことは仕方ないかなと思います。

レッドレイヴンでなかなか重賞に届かなかったので、自分の厩舎運営にも焦りが出ましたね(笑)
とはいえ、レッドコーストの補償で買ったレッドレイヴン。
レッドコースト4200万円+レッドレイヴン3400万円=7600万円。
レッドレイヴンの獲得賞金が1.7億円。
2頭の募集価格の2倍以上の賞金を獲得してくれました。

キズナが勝った日本ダービーにも出走できましたし、いままでつくね厩舎での2歳時最強馬はレッドレイヴンです。
メートルダールが現エースですが、2歳時の成績ではレッドレイヴンには適いません。

余生は北海道で過ごすとのこと・・・是非無事に余生を過ごしてほしいものです。
お疲れ様でした。
レッドレイヴンと過ごしたこの7年間は自分にとって凄く貴重な財産になりました。
まだまだ藤沢調教師との闘いは終わらないですよ。。。(なんの闘いかはご想像にお任せします(苦笑))
[2018/01/14 16:47] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つくね厩舎2018年の布陣を確認する
早いもので、明日から2018年の中央競馬が開始になります。
既に地方競馬は始まっているし、2018年もものすごく早い感じで過ぎていきそうな予感です。

つくね厩舎の2018年中央競馬の布陣を確認しておきたいと思います。

古馬:
【オープン】
メートルダール(5歳牡馬 美浦戸田厩舎)
レッドレイヴン(8歳牡馬 美浦藤沢和厩舎)

【1600万下】


【1000万下】

【500万下】
マイティーゴールド(5歳牡馬 美浦尾関厩舎)
チャームクォーク(4歳牝馬 美浦大和田厩舎)
ジェードグリーン(4歳牡馬 美浦栗田徹厩舎)


3歳以下
【オープン】

【500万下】
フラットレー(3歳牡馬 美浦藤沢和厩舎)
イルーシヴグレイス(3歳牝馬 美浦堀厩舎)
アングレーム(3歳牝馬 美浦矢野厩舎)

【3歳未勝利】


【デビュー前】
オリジナルスピンⅡ16(2歳牝馬 美浦池上昌厩舎)
ラドラーダ16(2歳牝馬 美浦藤沢和厩舎)
ピューリティー16(2歳牡馬 美浦中川厩舎)



現在、3歳未勝利馬はいません。3頭に出資し、3頭勝ち上がり。上出来です。
課題は古馬勢ですね。層の薄さは否めません。
デビュー前の2歳は期待の大きい馬に出資したつもりです。
しかしながら、メートルダール頼みの布陣は何とか早急に改善しなければなりません。
いつも3頭くらいオープン馬がいればいいんですけどね・・・
オープン馬なら東西関係なく走ってくれるはず。
今年のドラフトは、①堀②角居③関西有力厩舎の順番で狙って獲りたいです。
[2018/01/05 00:55] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2018年 あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
年末年始は本当にゆっくりできています。
大晦日と元旦は温泉に行きました(PC開いて少し仕事はしましたが・・・)
5日の仕事初めまで体を休めつつ、仕事の準備をしておきます。

つくね厩舎の一口馬主ブログですが、昨年ものもを少し読み返してみました。
なんとお正月に目標を立てていましたね。全く記憶していませんでした。歳ですね(苦笑)
ブログは備忘録として記していますので、忘れることはなんら問題ないので、結果検証をします。

昨年お正月に目標を立てていました。

1.目標15勝(過去最多)
メートルダールとマイティーゴールドが頑張れば達成できる数字です。

→× 結果11勝。マイティーゴールドが頑張りませんでした。

2.口取り3回
2016年は口取りを2回しました。

→× 結果2回(札幌新馬戦フラットレー、中京中日新聞杯メートルダール)

3.重賞勝利
メートルダール頼みです。

→○ メートルダール中日新聞杯GⅢ

☆社台TC入会
今年最大の目標です。
そろそろ40口を経験したくなってきました。
シルクやノルマンディへの入会も考えましたが、社台が一番しっくりきます。
高い馬は買えませんが、安めの馬でいい馬を引きたいです。

→× もう無理(笑)

1個だけの目標達成でしたね。ちゃんちゃん。


2018年の目標を立てました。

1.目標12勝(昨年を1勝上回りたい)
現役馬9頭、デビュー前の2歳馬を入れて12頭のつくね厩舎です。
12頭が1勝はするという目標です。
2017年は59戦11勝 勝率18.6%でしたので、
2018年は60戦12勝 勝率20.0%以上の成績を上げたいです。

2.重賞2勝
重賞を勝つ可能性があると思う愛馬は、メートルダール・イルーシヴグレイス・アングレームとフラットレーの4頭。
アングレームは強いかもしれないので、期待しておきます。
2歳馬は下半期に加えるかもしれません。

3.口取り3回
できればキャロットクラブで口取りをしたことがない、函館・福島・新潟・東京・阪神・京都・小倉で口取りしたいです。

ということで、
4.愛馬の応援でJRA全競馬場制覇(本当は香港シャティン競馬場に行きたい)
2017年は、札幌・福島・新潟・中山・東京・中京・阪神の7競馬場に愛馬の応援に行きました。
2018年は、札幌・函館・福島・新潟・中山・東京・中京・京都・阪神・小倉の10競馬場に行くことを目指します。
(※香港シャティン競馬場に遠征できれば10競馬場に行けなくても満足です)

出資馬は全部関東馬なので、京都以西の競馬場で走る馬がいるかどうかが問題です。
今年のドラフトでは、関西馬も検討しようかな?
そろそろ角居厩舎の馬に出資しておきたいですしね。
[2018/01/02 01:01] | 一口馬主日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>